ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー23号感想(ネタバレあり)

ようやっとネットに繋がったー。
・・・というところでつい、こちらを読みふけってしまいました。
のび太かっこよすぎるよ。ハァハァ。
ジャイアン可愛すぎるよ。ハァハァ。

というわけでもう12時も過ぎてしまい、明日(ていうか今日)は会社なので、感想は縮小版で。
(上記は書き始めの時間。そして現在時刻は・・・投稿時刻参照。げふん。)

「続き」からどうぞ。

☆コナン
ボクっ子探偵が犯人でした。
・・・しくしくしく。
雷苦手という萌え要素も伏線の一部。(それはそれでいいんだけど。)
ああ・・・惜しいキャラだなあ。
勿体ないなあ。
あうー。
あと肝腎のピアス穴がいくら見つめても見えないんですけど・・・(最初に髪かき上げてるところね。ラストのページでは見えた。)
トリックをちいとも理解しようとせずにキャラ萌えしてるバカな人間には見えないピアス穴なんでしょうか。

☆武心
大将こと五条橋くん、事情が複雑。
その複雑な事情に巻き込まれて、流星くんピンチ。
亡くなっちゃったお友達の墓石が壊されちゃうのはひどいよね。
今回はきっちり怒っていいと思うよ、流星くん。

☆ワイルドライフ
け、経理担当者・金秤、ちょ・・・かっこいいかも。
BLものでありそうなデザインですが、それでもいいや。

☆妖逆門
うわ、いかにも嫌なタイプのキャラだ(笑)。

☆GOLDEN AGE
Jr.ユース解散という意外な展開。
その中で、「後半ロスタイムで3点差~」から「上を向いて戦うんだ!」のところのシーンがすごくいいと思った。
うん、すごくいい。
ところでカップリングとしては最終的に近江×小波もよいかもしれないとふと思った。
お互い気になるけど会えばケンカばかり、素直になれないふたり、みたいな。
(ごめんね、カップリングカップリングうるさくて。)

☆ハヤテ
あれ・・・マリアさんが可愛く見える。
先週の初登場は効果が凝りすぎてたのが可笑しく見せてたんだな、きっと。(それも畑先生の狙いのうちなんだろうけど。)
実は一番萌えたシーンは、エレベーターが止まった時に慣れた感じで操作をしているマリアさんでした。
このワンシーンで、マリアさんの実務能力の高さや、生徒会長を務めてきてこの建物に通い続けていた様子が表現されてて、かなりお気に入りです。
あとこの学校の制服はタイツじゃないんですね・・・。
・・・んー。女の子はお尻を冷やしてはいけないと思うので、そこだけわざわざさらしておくのはどうかと。
でもそこは個人個人でスパッツなりブルマなり毛糸のパンツなりはいておけばいいのか。
タイツよりは体育の時の着替えとか洗濯とか楽でいいのかも・・・。
冒頭のナギが可愛いですー。
あとヒナギクさんかっこいいなー。

☆結界師
先週から引き続き、姫と白になんか萌えました。
なんか、とっても萌えました。
ていうか狐のお手々に。
ひ、姫死んじゃったわけじゃないよね? 人間形態保てなくなって、ちょっと寝ちゃっただけだよね?
何しろ結界師読み始めたので設定とか全然わからないのですが・・・
白尾花様こちら様をこっそりチェックしていきたいなあとか思ってます。
あと良守と影宮にもなんか萌えるなあ。
ラストのコマの「時音の瞳に映るものは」は、なんか無事な良守の姿単品と言うよりは、仲睦まじい二人の姿って感じがしました。
「――誰、その子!?」とか言いそう・・・彼氏の浮気の現場を押さえたごとく。(邪推です。←私の。)

☆ハルノクニ
結局運命猫頼み!?
ロデムだけではさすがに厳しいのでロプロスとかポセイドンの登場が待たれるところです。
 コンピューターに守られた ハルノクニに住んでいる
 暴走少年 片桐聖士
 親友の仇を討つために 三つの僕に命令だ!(やぁ)

☆あいこら
鳳エロワードネタ再び!
三味線でロックの鳳がいかすので、それはそれでいいかと思います。
・・・いや、なんかサンデー超の六花お掃除ネタに大いに萌えた身としては、ていうかその前から色々脳内で変換してた身としては、ハチベエのことを笑えないよ、ハハハ。
(桑島法子の「私らしく」聞いて悶えたりもしてるしな。・・・私の中では六花の声はこの曲のイメージなので。)


☆絶対可憐チルドレン
表紙で、こっそり同じ画面にいる澪がいい。
仲間になってくれたらいいのに・・・。
紫穂がD-LIVEごっこしてるのはまあ微笑ましく見守るとして。
賢木さんの役に立たないところが妙によかった。
・・・なんか・・・いいよね、この人。
必殺技は麻酔だし。
・・・これでコレミツが自分で喉をかきむしって絶命したらどうしようかと一瞬思ったりしましたが(ひぐらしかよ)。
澪の分身はやっぱり相当の負担がかかるみたいです。
なんとか無事に助かってほしいな・・・。

☆アルバトロス
アイビスがユウキの体をまさぐっているのがなんとも。
・・・狙ってんだか狙ってないんだか微妙なんだが。
微妙なんだが、こういうのは大好きである。
いちゃいちゃいいよね、少年同士のいちゃいちゃ。
(多分今アルバトロスを読んでいる大多数の大きいお兄さん方からは支持されないような意見。)
ユウキは姫様にもよくくっつかれては引き離してるけど、モノバイルにひっつかれやすい体質なんだろうか。磁石みたいに。
アイビスのキャラ立てというか行動が微妙にはっきりしない気もするんだけど――ユウキたちを敵だと見なしてたのに誤解が完全に解けたわけでもないはずなのに妙に馴れ馴れしくなったり――結局この子はまだまだお子様なんだろうな、と思って納得することにした。
医者としての使命感よりも、お母さん大事が何より先に立ってるんだろうな。
それで、やっぱり同じくらいの年頃の男の子と仲良くしてみたいんだろうな。
いや、もう細かいことはどうでもいいや。
座ってるときの半ズボンから伸びてる足で許す!
とりあえず襲撃者である鉄のモノバイルは「ヒイルヒイル」をかけまくればそのうちぶっ壊れると思うよ(笑)。

☆からくりサーカス
マサルがしろがねを好きだって自分で気がついてなかったのはちょっぴり驚き。
てっきり自覚していながら身を引いたのかと。
でも、少年なんてそんなものかもしれませんね。
(まあ先週の六花についてよりかは驚かなかったさ。)
その、男女の愛のなんたるかすらまだわからない少年が、手探りで、理詰めじゃなくて、「でもやっぱりそれはやったらいけないことだ」と心で語るからいいのでしょう。

☆ブリザードアクセル
すみません。
私は六花を甘く見ていました。

そうでした、そうでした、こういう子でした。
「恋愛を知らないからバジルとキトリが表現出来ない」と言われれば「キスしてみようか」。
吹雪が特待生として残れるように自分ができることは何かと考えればそのままパパに直訴。
140点取れなければクビになるのはマッケンジーと知れば迷いながらも吹雪に報告。
それで吹雪のプレッシャーを減らすためには五反田と陣に「なんとしても勝って」と無茶を言う。
そんでペアとシングルの兼業で吹雪が体力の限界だと思ったら「ごめんなさい、私のせいだよね・・・」。
・・・あー・・・。

すみません。
実は今週初めて、心の底から六花を好きだと思ったことを告白します。


――あれだけ吹雪×六花のSS書いておいて!
――あれだけ吹雪×六花のイラスト描いておいて!
・・・ええ、ですからそれは、あくまで「吹雪のカップリングの相手」として、まあ不愉快というほどではないし、悪くはないかな、くらいの気持ちだったのです。
――僕ラブさんのところの人気投票に日参して六花に投票しておいて!
・・・だって、だって吹雪と並んでいてほしかったんだもん。あくまで最初に吹雪×六花ありきだったんだもん。
――あれだけ感想で「六花可愛い」って書いておいて!
・・・いや、だって、確かにまあ可愛いのは本当だし・・・。

でも、でも決して単品で好きってわけじゃなかったの!
だって私の好きなタイプは、もっとこう、いろいろなものを抱えて健気に耐えちゃう系の女の子で、こんなあれこれ素通しの女の子なんて好きになるわけ・・・なるわけ・・・

と、ここまでぐるぐるしてやっと気がついた。
これじゃあ私、先週の六花と同じじゃんか!!
・・・悪かったよ六花、ごめんよ六花。
あんたのこと往生際が悪いとか鈍感とか散々言ったけど・・・人間ってこういうものなのだね。

うん、というわけで、今週開眼です。
六花好き。大好き。
可愛い。
――いや、決して着替えシーンの肩と乳のラインに落ちたわけじゃ(笑)。
むしろ吹雪を怪我させるかもと思って「嫌・・・」って言ってる顔に落ちました。
ところでなんで先にスパッツ穿かずにスカート全脱ぎしてるのだ。更衣室だからわざわざ体育着替えとかやらないってことなのか。
ていうか何故ブラまで外しているのだ。練習着はレオタードみたいになっててノーブラで着るものなのでしょうか。
・・・たとえそうだとしても、多分何よりも鈴木先生が描きたかったからに相違ないと思いますが。

えーと。
話を最初に戻すと、コーチが恋愛を禁止するにはそれなりの理由があり。
まあ納得できるものではあります。
(・・・でも逆に、それを避けてばかりいたらいつまで経っても「割り切れるような大人」にはなれないような気もするんだけどな・・・。まあこの辺は展開待ちですね。)
ちゃんと説明してるのが意外に好感持てます。
少なくとも先週よりは好感度アップ。

晶さんはやっぱりそういう経験があるのかな。
相方がいわく、「つまり村雲の怪我って言うのがそういうことだったってわけかな」っていってました。
うむ、そうかもしれない。
となるとやっぱり今の晶さんは「村雲への思いを自ら封印状態」なわけで、村雲×晶は充分アリ、ていうかガチですな。そうあってほしい。

桐崎凛にふられたの元パートナーくんの顔がけっこう好みだったりします。
新しいパートナーの女の子は今一地味だけどね。
この元パートナーくんのペアも先週のトーナメント表にいたのでしょうか。
もしかして鈴木・佐藤がこの人たちだったりして。

三俣・桐崎ペアの描かれ方がだいぶ激しいのですが(笑)、こんな人間関係ではいくらなんでもやっていけないんじゃないのかしら・・・。
自分たちがよりよいパートナーを求めていく前に、相手っから断られたりしないのかな。
鈴木くん(仮)はよく関東大会一緒にやってたね、とすら思います。
それともこういうのもある種パートナーシップ、ある種信頼関係なのでしょうか。
・・・んー・・・。
・・・まあその辺も展開待ち展開待ち。
・・・・・・でも確かに、恋人になっちゃったらできなくなることっていうのはあるのかもしれない。

さっきもちょろっと書きましたが、「嫌・・・」の六花の顔がすごい可愛いです。
何だこの可愛さ。抱きしめたくなるぜ。
んで、「吹雪とペアをやることがもうできない」っていうのが・・・恋愛を禁止されたから、じゃなくて、獅門コーチに気持ちを気づかれなきゃいい、って問題じゃなくて、その理由が身にしみてっていう絶望感がなんかいいです。
いいですっていうのもあれだけど・・・ここからどう問題を跳ね除け解決していくかが腕の見せ所、みたいな。

「ペアはやめる」って言われたときの吹雪のショックの受けっぷりがなんか萌えでしたな。
いや、萌えってのもあれだけど・・・。
なんか、なんか、「ああ、吹雪にとっても六花は一応大切なパートナーなのね」とかちょっと思って、ちょっと安心してしまったです。
六花のこと、六花の夢のこと、大事にしてくれてるんだね、と。・・・思っても、いいんだよね?
(てゆかそんな萌え萌えのやりとりがあったんなら、ちゃんと描いてよ鈴木センセー、と思わなくもない。相変わらずだなあ。)
信頼してて、まさか解消なんて(さっき見たペアのように相手を道具としてしか見てなくて条件が合わないと思えばさっさと変えるなんて)ありえないと思ってたんだよね、と。
ああ、うまく言えない。
とにかく、この吹雪のうろたえっぷりから六花の告白までの流れがまあなんとも言えず。

・・・ああ。
・・・・・・告白、しちゃいましたよ。

数週間はウツ展開だと思ってたのに。
なんか、妙にすっきり。
今朝、「サンデー早く読みたいけど読むのが怖い」と30分も布団の中でもぞもぞしてたのが馬鹿みたいに思えるほど(いや実際馬鹿だけど)。

恋愛禁止の俺様ルールが変わった訳じゃないし、トゥーランドットの解釈への問題は残っているし、対戦相手は強敵だし、恋した相手を危険にさらすことへの恐怖心とか、全然問題は解決してなくてむしろ今まさに始まったところなんだけど。
でも一番の味方である吹雪に気持ちを打ち明けたので。
何とかなるような気がしてきた。
それこそ、吹雪と一緒なら。
うん、吹雪と一緒なら。

次週センターカラー。
吹雪がどう出るか楽しみです。
・・・はっ!! もしやこのスケジュールのおかげでウツ展開が短くて済んだの!?
だとしたらサンデー編集部に感謝しなくては。

ところで、恋愛禁止令の時に妙に焦ってた梧桐陣くんにはちゃあんと食いつきましたよっと☆
ふふ、小雪×陣の第三弾を書く日も近いぜ。

でもその前に「私的解釈トゥーランドット」が書きたいー。
すんごく長くなりそうなんで(ていうかその前に借りてきた歌詞読まなくちゃ)なかなか取りかかれませんが。
謎かけ姫萌えですよー。きゃー。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
よかったら押してやって下さい。
スポンサーサイト

*Comment

いらっしゃいませ!!

う、うわ、うわわわわ。
コメントありがとうございます。
こちらこそ、いつもブログ拝見してます。
以前に一度、ご挨拶もせずにトラックバック送るだけ送ってしまったこともあります。すみません。

今週こそ、今週こそトラックバックとご挨拶を、と思いながら結局昨日も一歩が踏み出せずにパソコンを落としてしまったところだったので、まさかコメント頂けるとは思いませんでした。

「カシューナッツの三日月」だけじゃなくて、Y田様の素敵なイラストを拝見するたびに、吹雪×六花萌えに燃料が注がれていきます。
実は「ペアの曲をひとつの再生機で聴く」も絶対書いてみたいと思ったのですが、イラスト以上に素敵なものにはなりそうもなくてあきらめたとかそういうこともあったり。

三行半(笑)の時の吹雪は本当にかわいかったです。
基本王子様な吹雪ですらぶんぶん振り回す可能性を秘めた六花の膂力がやはりいいなあと思います。
  • posted by 百賀ゆずは
  • URL
  • 2006.05/15 00:13分
  • [Edit]

こんばんわ!

いつも楽しくブログ拝見させて頂いております。
何度かトラックバックを試みているのですが、
どうも反映されないのでコメント失礼しますね。

「カシューナッツの三日月」、まさかうちがきっかけだったとは恐縮です;
吹雪六花萌えをありがとうございますv

六花に三行半を突きつけられた時の吹雪は、
ちょっと捨てられた子犬のようでかわいかったですねv
晶さんの心情は深く納得です。やはり秘めているんでしょうか...
私も桐崎凛にふられたの元パートナーくんの顔、好きです(笑)
  • posted by Y田
  • URL
  • 2006.05/14 04:03分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンデー23号感想

サンデー感想です。と思ったのですが感想書ける作品がすごい少ないことに気付きました。今後もサンデー感想はあまり無いかも知れません。↓からどうぞ

週刊少年サンデー23号 感想

今週のサンデー23号のテーマは、「春は恋が芽生え萌ゆる季節」です。ということで少年サンデー感想23号です。ハヤテ ・アルバ ・クロス・武心 ・ブリセル ・絶チル ・コナンGA WL ・見上 ・あお高 ・あいこら ・兄 ・MAJOR ・ハル ・妖■ハヤテ....

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。