ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アニメFate/stay night 第5話感想

「魔術師二人(前編)」
そもそも前後編にわける意味ってあるのだろうか、と先週の予告を見たときに思ったりしました。
今週は今週で別のタイトルつけて、来週「魔術師二人」にしとけばよかったんじゃなかろうか・・・。

今週の良かったところは、士郎がセイバーを桜と藤ねえに紹介したところ。
聖杯戦争とか魔術師とかの現実に対する自覚がない甘ちゃんだ、といわれればそれまでの行動ですが、まあそこをやっちゃう士郎ってのがキャラ立ての一つでしょうし。
何より、個人的に「隠し事がある展開」てのが嫌いなもので。
すっきりさっぱりであります。
それにしても肉団子が24個でよかった。
21個だったり18個だったりしたら、話がややこしくなるところでした。
セイバーはもしかしたら、本当に切嗣さんから士郎のことを頼まれていたのかも知れませんね。多分そうなんでしょう。

藤ねえが背中から竹刀を出したのがハレルヤみたくて笑えました。
しかし、藤ねえ。
可愛いんだけど、微妙に痛い。
行動があいたたた、っていうんじゃなくて、(それも多少あるけど、)こういう風に明るく元気な人を見ると、つい「なんか心に秘めたことがあってそれを隠す為に無理してるところあるんじゃないかなー」とか勘ぐってしまうのです。
本当は士郎のこと好きなんじゃないかなー。とか。
でも自分は年上だし、士郎には桜みたいな子がいいと思って、で、二人の中を応援するつもりで一緒にご飯食べてるのかなー。とか。
でもほんとはそれを理由に士郎と一緒にいたいだけなんかなー。とか。

後半、学校にて。
一成が寝てますー。きゃーーー。
寺の子いいです。寺の子好きです。
でもあの体勢で居眠りするときはメガネ外さないと、うっかりして歪んじゃったりしないでしょうか。
一成は寝相がいいから平気なのでしょうか。
そして先生登場。
・・・この人があずまんがの木村先生に似てて、いつか「女子高生とか好きだから!」って言いそうでびくびくしてるのは私だけでしょうか。
他言無用とか言いながら、士郎にも聞かせちゃってるのは、わざと?

そして、ようやく「魔術師二人」の展開。
放課後の学校で凛との対決。
てゆか士郎一方的に追いまくられ。
てゆか・・・
君たちそれってただのじゃれあい。
まあ結局凛は、自分で言ってる/思ってるほど非情にはなりきれないわけで。
士郎をほんとにやる気なら、後ろからガンド(ガント?)一発撃てばはい終了なんですが。
わざわざ正面切ってやらなくても。
いや、正面切ってやるにしてももう少し狙って撃てばいいじゃないですか。
あるいはアーチャーを士郎が逃げる先に呼び出して、ざくっとやらせればいいのに。(そういうことが出来るかどうかは不明だけど。)
わざわざ追っかけて結界張って、って魔術の無駄遣いですよ。
まったく。
パンチラ直前のチラリズムと、それを恥ずかしがってムキになる凛と、昔のアメリカのアニメかいって言うようなシビシビ表現で帳消しになると思ったら大間違いなんだからね!
・・・つまり私は大間違いな人間ですかそうですか。

しかし、ガンド撃ちの説明のところ、脚本おかしかったなあ。
「ガンド撃ちって知ってる?」って、それを言うなら「ガンドって知ってる?」ではないでしょうか。
あと士郎も「症状が悪化する」って言ってませんでした?
病人を指差すと、と前につけるか、病状が悪化する、でないと意味が通じないような・・・。
わざわざ袖をまくってみせた刻印について、説明がないのは別にいいけど(ていうか入れたらうざいけど)、士郎もノーリアクションだし、なんか秒数や枚数割いてるほどに効いてこないかなあとか。
歯車が噛み合ってない感じ、はしました。

設定の多い話だから、アニメにしたときに説明全てが入らないのは当然だと思うけど、設定とか説明なんていらないやーというほどの世界の空気・迫力が十二分に醸し出されているかというと疑問ではあります。
まあそれでも、原作やってない身としては面白く見てはいるのですけれどもね。
いいの。セイバーが可愛いから。
あと一成が好きだから。
しかし、話数かけてる割りにストーリーが進んでいない気がするのもまた事実。
いいの、アーチャーがかっこいいから。
っていってやりたいけど出番少ないよ! うわああああん。
弓凛を! もっと弓凛を!!

ところで(桜好きな方はここから先読まない方がいいかもしれないので反転)
最近、桜のことを考えると何だかむかつく自分がいます。
なんかその、別に彼氏でもない男を毎朝起こしに来て朝飯作って晩ご飯とかも作って、何その女房面、とか言いたくなる。
もちろん頭ではわかっています。
桜はいい子なんですよ。
告白とかそういうの、できなくて、精一杯の気持ちでご飯を作りに来る。
いじらしいじゃないですか。健気じゃないですか。
そこがむかつく。
ある意味、日常にいそうなリアルなキャラクタなんでしょう。
と、擁護しようとすればするほどむかつく。
藤ねえのことも、「ほんとは士郎と二人っきりになりたいのに邪魔な奴だな。でもこの人がいた方が士郎のガードが甘くなるし、保護者みたいなもんだから味方につけておいて損はないかな」とか思ってたらやだなーとか勝手に想像はエスカレート。
いかんいかん。こんなん、私自身の人間性の貧しさを暴露しているだけではないか。と思うんですけど、なんかOPの笑顔見ただけでいらいらしてくるようになってしまいました。
じつはこれも制作者側の意図でしょうか。
(いやいやいや、制作者は桜を可愛く表現しようと思っていると思うぞ。)


あと(ゲームネタバレを含むのでまた反転)
原作プレイしている相方も、UBWまでで止まっているので、桜の話は情報としてしか知らないんですよ。
・・・桜ルートを攻略したら少しは桜が好きになれるのかな。
HFまでアニメでやるのかわかんないんですけど、・・・やったとしてもヒロインはセイバーなのかなあ。
士郎×セイバーが好きなので、むしろそれは大歓迎なんですけど。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Fate/stay night 第5話「魔術師二人(前編)」

始まりました!セイバーとの同居生活。セイバーの存在をタイガー先生や桜ちゃんに教えることはやっぱり聖杯戦争的にはマイナスのようですが、やっぱり士郎くん的には許せないんで

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。