ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー31号感想(ネタバレあり)

今日は(というか毎週水曜は)仕事お休み。
図書館行って予約してあったトゥーランドットのCD借りてきました。2ヶ月経ってやっと来た。
エンコードとかしてたら、すっかり遅い時間に。
夏コミ準備進んでません。ぴーんち!

というところで 続き からどうぞ。

☆ガッシュ

清麿ーーーーっ。

清麿だv 清麿だv 清麿清麿清麿だっ。
はー、やっぱかっこいいよー、実は大好き。

(この間、西洋占星術の授業で先生に、「年下好き」「頭がよくて真面目で会話が面白い男性好き」と言い当てられたのは私です。あんまりその通りなので動揺して、「まったくその通りです、メガネとかかけてたらもう最高です!」とか聞かれてもいない要らんことを告白してしまった。)

ガッシュの方向をセットする指と、本を抱えている腕と手がたまらんのよねー。くはー。制服(みたいな?)白シャツと黒ズボンもたまりませんっ。中にTシャツ着てるのも、清麿がやるとポイント高いよーーっ。
と、自らのフェチ部分をさらけ出してみる。

ところでラストのあの顔は何事ですか!?(驚)

☆コナン
今回のエピソード面白かったです。
肝腎の暗号解きの部分は寝てましたが。(おい)
「?」と「!」って汎用性高いねえ・・・。
元ネタはビクトル・ユゴーですね。

☆ハヤテ
○メガネっこ白衣先生に同棲中の彼氏がいた!
○ナギ可愛いよナギ。
○マリアさん、・・・ストレートに動揺できるうちはまだ若いんだよ、大丈夫。(言ってて自分がアイタタ。)

☆GOLDEN AGE
ほんとにこの漫画毎週面白い。
コミックス買いはしないけど、毎週楽しみに読んでる。
まるさんのおっしゃる通り、基礎力のなせる業だなあと思います。

☆結界師
人の心を食らうという邪煉。
確かにえげつない。

良守が張った上からもう一重結界張ってった時音ちゃんが萌え。

☆MAR
正直やっと終わったと思ったら39号から続編?やっちゃう罠。

☆妖逆門
うわ、すっげーよかった今回。ベタなれど。
ロンドン絡むと(ry

☆あいこら
渋沢実はルックスだけならかなり好みだ。
特に今回の書生服にやられた。
(わかりやすい好みですみません。)
ここに新キャラによるラブコメ要素が加わったので、かなり熱いものがある。
でも△木馬(一発変換)はかなり痛そうですが。
ていうか揺れる機能はないだろ普通。
いや普通じゃないから集めてんのか。

☆絶対可憐チルドレン
腹っ!!
腹 ハラ はらっ!!
若い兵部の腹!!
これだけでもう今週はご飯三杯。
いや、このコマ自体がすごいいいよ。
不二子ちゃんのスク水(旧タイプ)とかね。
制服羽織ってるとことかね。
伊号とかね。
あーもえるぜチクショウっ!!
絶対可憐チルドレン面白いよー、くはー。
チルドレン可愛すぎだよー。
先週からのキャラ紹介が面白い。
いつの間にやら「ばーちゃん」になついてるのが楽しくもあり。
・・・切なくもある。勘ぐりすぎだけど。
ばーちゃんにあんなに親しみを持てるのは・・・やっぱり同じ能力者同士だから、っていうのは少なからずあると思うんだ。

「この件はもうお終い」ってコマで皆本への触り方が誰よりも常よりも面積少なかった紫穂が・・・やっぱりそういうときは心読みとりたくなかったんかな、とか思ってしまったり。(葵が接触少ないのは性格上のことだけど。)

☆武心
面白かった!
がそれよりも、真弓ちゃんのシャンプーの匂いくんくんしてた天野の行く末が気になる。
男だと思いこんでたようなのに・・・ねえ。

☆ハルノクニ
「ポニーテール」「エプロン」「料理上手」「授業中とかパソコン使う時だけかけるメガネ」と絶妙にポイントを稼いできた我らが志乃ちゃんが、今度はお風呂上がりを披露。
それもあなた、下は制服のスカートで上はキャミソールって・・・なんでこんなに絶妙なんだろ、この作者。
原作者と絵とどっちの仕業によるものかが気になる。

あと猫ハル萌え萌え萌え。
超萌え。
ていうか萌え。
激しく萌え。
つまり激萌え。
ああ萌え漫画。

☆アルバトロス
先週制服の背中が破れた件はどうなったのか。

アルバ姫のジュエルはダイヤモンドとのことですが・・・これってほんとなのかな。
ダイヤって結局炭素のはずで・・・それは若木先生も「わかって描いている」らしいので・・・。
ダイヤというのが特別な意味をもたらすのか、あるいはダイヤというのが嘘だというのか、どちらかになると思うのですが。

あと下書きプレゼントにハガキを出したのに、景品がまだ来ません。
ハガキ出した人にはもれなく何かくれるってバックステージで書いてあったのに・・・。
郵便事故かな。
・・・そもそもこちらからの応募ハガキが郵便事故で届いてなかったりしたらちょっと悲しい。
でも同時にハガキ出した相方の方にもまだ来てないみたいだから、それはちょっと安心できます。

☆ブリザードアクセル
恐らく今回のつっこまれ大賞。

三回転ツイストはフロストクイーンとの練習試合の前日にはすでにできていましたよ。
(4巻収録Program30の54ページ参照)

まあその時は試合で使えるような成功率じゃなかったかも知れないしね。
練習の時は黒崎さん見てないしね。

まあそんなことはどうでもいいんだ。

今回はとてもよかったです。
絵がフキダシで邪魔されてなくて。
ていうか、絵だけで見せてくれる方が面白いという・・・すごい人なんだが・・・「漫画家」としてはどうなんだろうか。

いやほんと、今回の吹雪と六花はすごい好き。
滑り出す前の静止ポーズすごい好き。
あと、滑ってる二人の距離というか手足のぶつかりそうでぶつからずにいる距離が(パースついてるから実際とは違うんだろうけど)、ユニゾンの美しさ、練習量の多さ濃さを感じさせて、ほんとに素敵。
二人が組み合って滑ってるのもすごい綺麗。
だから、それらを見せたあとでの、今回の老彫先生の「本物の表現」発言はよかったよ!
なるほど全くその通り。
ドンキでは「違う表現をやったからジャッジが高く評価」を描いて、それを今回相手にやられてさあどうなる、みたいな持ってき方は悪くはない。
(ただし、ドンキの時は表現は変えたけど二人のバジルとキトリに対する解釈・思いは変わっていなかったわけで、そこはポイントかと。)
――まあ先週書いた通り、信綱と凛の、二人の解釈が噛み合っていないのに得点が高かったのは納得いかんけれども。

あと老彫先生が三俣・桐崎を「偽物」「失敗」呼ばわりするのは、皆様のおっしゃる通りどうかと思わなくもないけど・・・結局これって身びいき入った一観客の主観だからさ。と思ってなるたけ流すことにした。

六花と吹雪の練習風景、倒れて涙流しながらお互いを見つめ合う絵、そしてそれを凛が感じている、そのページもよい。
ほんと、フキダシない方がいいよ。
吹雪の涙にハァハァしてしまいます。

あー。ソロジャンプ萌えー。
この間っから思ってたけど、今回、ことソロジャンプに関して鈴木先生は、空中姿勢よりも着地姿勢に描き方の重点を置いてる気がするんですよね。
着地のね、お尻の高さとか、背の丸まり、腕の伸ばし方、そういうのをすごく揃えて描いてると思うの。
これが、美しい。
何で私がこんなにソロジャンプに萌えるかというと、ソロジャンプ絡みのネタが一つストックであるからという、まあつまりは個人的な理由なのですが。

ところでショートのソロジャンプって二回転ルッツでしたっけ?
確かに得点ドンキの時は1.9で、それと変わらないとしたら二回転ルッツの点なんだけど。
うーん・・・。
・・・困ったな。
いや、ソロジャンプがルッツなのは、きっと六花が教えてあげたんだ妄想ができてウハウハなんですが、ミラーソロジャンプについては二回転フリップであることを前提に別のネタ考えてたもんで・・・ううう。
またしても個人的理由。

で、問題のツイスト。
三回転については冒頭で述べた通りですが。
・・・スプリットポジションも、女性が男性につかまらないキャッチもやってますね。
つまりドンキの時の加点要素のうち二つはちゃんと入ってるわけだ。(前よりも易々やってるっぽい描き方に萌え。)
で、女子が片手を上げるのだけ、やってない。
この為に、ショートの時ツイストの技術点が低かったわけで・・・。
・・・これ、何でなんだろうなあ、と思うわけです。
まるさんがおっしゃってたように、単に前半の得点を抑えて、後半での追い上げを描きたかったから、・・・ではないと思いたいのですよね。
・・・手を上げる姿がトゥーランドットの解釈と合わないから敢えて、とか、そんな理由つく? ついたりする?
それだったら私はばっちょさんすげーと思います。
正しいかどうかはわからないけど、私はそういうの好きだから。

と、いうところで。
ティムールとリュウもやる、とか言い出しましたよ。
え、え、え、どーなっちゃうのさ、それ。

ていうか、リュウの方はよい。
自己犠牲的愛はわかりやすく、むしろプッチーニはこっちに思い入れを持って描いたんじゃないかと言われてるくらいだし。
(リュウの自害を書き上げたところで亡くなったんですよね。)
だけどティムールってあんまりぱっとしないんですけどー(失礼)。
実際鈴木先生の絵でもぱっとしてないじゃん(すごい失礼)。
人数合わせのために引っ張ってきたんだとしたら、一抹どころじゃない不安を感じるなあ。

まーとりあえず、ティムールを演じるのに悶えてるような吹雪がやばいくらいに色っぽかったので、それはそれでよしとしよう。

今週は久しぶりに感想書くの楽しかったです。まる。
あと気になるのは凛と信綱が同じコマでリアクションしなくなっちゃったところだけど(泣)。

あ、と、そうだ、書き忘れてた。
最大の懸念ポイント。

吹雪は普通のコンビネーションジャンプできるようになったの?

今度は六花と同じものやらなきゃいけないんだから、スイッチジャンプでお茶を濁す作戦(敢えてこう言う)は使えないんだぞ?
ループとトゥループができなかった理由が、単に練習期間の短さから来るものならば解決もしていそうだが・・・。

ああ、まだやっていない技いっぱいだな。
3週分くらいかけて描いてくれるのかな。
初めてフリーをちゃんと(ショートプログラム並みに)描いてくれるのかな。
楽しみだな。
うん、楽しみではある。怖くもあるけど(笑)。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
よかったら押してやって下さい。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。