ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー33号感想(ネタバレあり)

多分皆様の期待を裏切らない今週の感想(笑)。

続き からどうぞ。

☆ガッシュ
清麿かっこいいよ清麿。
清麿かっこいいよ清麿。
清麿かっこいいよ清麿。
ガッシュの耳元で(作戦を)囁く清麿にときめきを覚えてしまいました。キュン。

☆コナン
ほらやっぱり獣医じゃん。(誰でもわかる。)
それにしても甘酸っぱいことだ。キュンキュン。

☆結界師
ああ・・・すっごい面白かった。
よかった。
こういう話って、言葉にしてみれば割と――ありきたりと言えなくもない訳だけれど、実際に袋小路に陥ってる人にはそれが見えない。
その霧がすっと晴れる瞬間を、言葉ではなくて体感できるのはすごいなあと。
セリフと、絵と、その見せ方と、漫画として非常に面白いと思います。はい。
良守と金剛の掛け合いが楽しい。
合言葉と、それに混ざれない時音ちゃんが可愛いったら。

☆GOLDEN AGE
安東とやら、「何一つ白河に負けてるつもりはねえ」と言ってますが、まず相手の実力を見抜くというスキルで圧倒的に劣っている訳です。
性格的には言わずもがな。
あとトラをザコ呼ばわりした片は、来週きっちりつけて頂きましょう。
こうして5対5にすることによって、蓮葉・近江とも自然に(?)現段階でのドリームチームが組める。素晴らしい。

☆妖逆門
狐火輪可愛いv
三志郎の心配しちゃうロンドン可愛い。
三志郎の意図をいち早く見抜くユル男(名前忘れた)一コマ出演ながらグッド。
ところで私、今まで「三四郎」って書いてきた気がする。すみません。

☆ハヤテ
ヒナギク可愛い。
でも花屋で売ってる薔薇にトゲなんてついてないのでは?

☆あいこら
再登場の鶯谷さんは想像を超える大物でした。
いや、すごいな、なんかこの子好きだな。
特にニセ乳を見破る様に惚れました。
いやー。
渋沢×鶯谷でここはひとつ。
(カップリングの出ないサンデー感想は書けないのね、私。毎週どこかしらに×が入ってる気がするよ。ブリザードアクセル抜かしても。)

☆絶対可憐チルドレン
大人になった自分だと気がつかずこき下ろすチルドレンが面白い。
催眠能力を使った変身というと、気まぐれオレンジロードを思い出す訳ですが、あっちは確か対象一人限定だったので端から見ると可笑しいことになってたなーとか。
皆本さんの水着姿にときめいてしまいました(笑)。
ていうかいつものワイシャツ姿も充分素敵なんですが。
これがいわゆるリーマン萌えというやつか・・・(多分違う)。
でもまだ20歳なんですよね、皆本さん。
でももう20歳とも言える。
よく考えると「少年漫画」の主人公の年齢設定としてはだいぶイレギュラーなわけです。
まあどっちにしろ私から見て年下な事には変わりないんですが。

☆武心
泣ける。
スポーツではなくて「武道」としての柔道。
本当に「勝つ」為に、それはすなわち「生きる」為に。
そして仲間を、誰かを「生かす」為に。
武心のテーマがよく表現されたよい話でした。
いや、ほんとに泣ける。
・・・だから真弓さんの絵がどれもこれもえっちぃ感じがするなんていうことは言ってはいけません。
ごめん、私の心が汚れているの・・・。

☆アルバトロス
巻末席は「見上げてごらん」になったのかしら。
まあよい。

今週言うことは決まっておる。

アイビス!!

アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。アイビス可愛いよアイビス。
若木先生の年の数だけ唱えてみました。

なんか前よりも黒目が大きくなって・・・。
え、いいの? こんな可愛くっていいの?
ユウキの「お前は・・・」のあとに「誰だっけ」とか続いたらどうしようと一瞬身構えましたが(笑)、ユウキはそんなひどい子ではないのでした。
アイビスが計画していたこと、というのはトライアッドを倒すことだったんですねえ・・・。
可愛い。アイビス可愛いよアイビス。
その大荷物。素石貯めてたって・・・ああ、可愛い。
節約のために休炉モードとかしてたの? うわ、どんなん? うわ。
もう何やっても可愛い。
「オレと組まんか」
「オレと一緒に闘おう」
なんて言われたらもうめろめろですよー。
ユウキも早く仲間にしてあげればいいのに!
彼の治癒呪文は強力だよ!!
トライアッドはわかんないけど、カッコウぐらいなら、ヒイルヒイルやケアケアの連発で倒せるよ!!

もーアイビス可愛い可愛い。
エリートクラスを鼻にかけ(てるのか? なんか反射で口にしてるみたいだけど・笑)るところも可愛い。
いやあ、あの、口だけ達者なとことか、自分のことを天才とか言っちゃうとこか、根拠のない自信とか、そういうところが可愛くて可愛くてしょうがない。
やばい。やばいよほんとに。
「お前と組む気はねえ」とか言われて、「嫌われたもんじゃ」と落ち込むコマが可哀想で可愛い。
そうか、これを「可愛そう」というのね!(勝手な日本語作ったらあかん。てゆか「可哀想」も当て字ではあるが。)
ところで今週の「何げに可愛かったで賞」のコマは「オレとお前のことじゃねぇ」と言われてる時の横顔です。ふふふ。

あー、アイビス可愛い。
しかし、そう言えば結局前回は、朝倉が(というか正体は見せていたけれど)アルバトロスだと言うことを教えていなかったんでしたっけね。
あとユウキの手に聖結晶が入ってるのも知らないんだっけ・・・?
「聖結晶に関わってる奴はみんなオレの敵じゃ」発言に、ユウキの手が聖結晶だって知ったらどう反応するんだろうかとちょっとはらはら。
一人で飛び出してトライアッドの手に落ちるとかは勘弁ーーー。
可愛いアイビスが傷つくのはいやん。
(いい加減自分で自分が気持ち悪くなってきた・笑。でもまあ、50%くらいはネタですから。あとの950%は本気ですが。)
でも確かに、アイビスにとって見ればアルバトロスは母の仇だからな・・・。
今週のラストでアイビスを庇ってアルバトロスが傷つきますが、これで即誤解が解けるとか仲良くやってくということにもならなさそうな。
それとも心の葛藤を乗り越えて、ここ一番で初めてアイビスの治療が成功したりするのかな。
それで晴れて三人パーティかな、かな。

ああ、もうアイビスの馬鹿、敵を見くびっちゃあダメでしょ!!
でもそんなところも可愛いよ。
「瞬殺だったじゃろ」とか言いながら汗一滴かいてるのは実は自信なくてひやひやだったりしたんでしょうか。
「見たかエリートの力を」って言ってるコマが、可愛くって可愛くってしょうがない。
あー、お願いだからこの先もずっと出ていてくれますように。
もういっそユウキの家に住んじゃいなよ!
朝倉一緒でもいいから。(むしろ一緒で。ユウキは早く彼女に着替えをあげて下さい。)

今週の「アイビス」を言った回数:10+68
今週の「アイビスを可愛いと」言った回数:18+34
……くっ……意外に言ってねえ。
まだだ、俺の愛はまだこんなもんじゃねえぜ!!(バカ)

☆ハルノクニ
猫可愛いよ猫。
コーさんを言いつけ通り「師範」と呼ぶのも鼻血ふくくらい可愛いが、いつの間にか「志乃ちゃん」とちゃん付けになってるところに眩暈くらくら。
「よく分かんない」ってのがなんか可愛すぎるーーー。
はうーーー。
「実は猫好き」の志乃ちゃんも可愛いのです。
はー。モエモエ。

☆ブリザードアクセル

絶望した!











結局吹雪と六花がいちゃいちゃしてればほとんどのことが許せてしまう自分という人間に絶望した!!


まあいいや。
眉間に皺寄せて漫画読むのも馬鹿らしいし。

サマーソルトテイクオフがやr(以下自主規制)。
いや、美しいと思いますよ、六花の髪の流れとか。
伸ばした手足の筋肉のラインとか。
何より支える吹雪の重心の移動の感じが、すっごい綺麗。
だけど2アクション目は(以下自主規制)。
・・・生理中には練習したくないよね、ちょっと(笑)。

回想シーンで、ぼろぼろになって倒れてる二人が、でもなんか一緒に寝てるみたいで萌えます。
特に六花の手が可愛いのよ。

超インフレな大技の連発も、それを吹雪と六花がやっていると言うだけで許せる。
むしろ楽しめる。
結局先週楽しめなかったのは、ミスしてるのがいやだったという子供っぽい理由によるものじゃないかと自らを疑ってみたりする。

いや、もう、ねえ。
だってねえ。
抱き合ってるしっ。
泣いてるしっ。
六花泣き虫さんだしっ。
バジルとキトリのあとにお父さんにフィギュアを許されて泣いてたし。吹雪に抱きついて。
でもそのときは微笑んで彼女を受け止めてただけの吹雪が、今回は一緒になって泣いてるし。
もーどうしちゃったの彼の涙腺。
六花と会って以来ゆるみっぱなしですよ。
だがそれがいい。
一緒に泣いて、笑って下さい。

ええ、もうね。
キス&クライの二人がね。
嬉しそうな六花がね。
ていうか六花の頭を抱き寄せて嬉しそうにしてる吹雪がね。もうね。
もう。
うん、クライは(悲しい涙じゃないけど)やったから、キスしちゃいなさい、そこでそのまま。

うちのIEのお気に入りのブリザードアクセル関連、「吹雪六花」をちゃんと「ブリザードアクセル」に直していたのですが、やっぱり吹雪六花にするか、とか思った今週号でした。

・・・というわけで、哲志くんが凛を口説いてるページは糊またはホチキスで封印することに・・・ウソウソ。
ただ、ちょっと彼の今回の発言はマイナスポイントでした。以下かなり個人攻撃なので反転。

だってねえ、凛との恋愛に溺れて今のパートナーをないがしろにしているように見えるんだもの。
吹雪と六花は1試合目だったはず。
ということは、まだ哲志たちの試合は残っている訳で。
その段階でこの発言はないでしょう。
むしろさっさと負けて凛とよりを戻したいんじゃないかというくらいの勢いだ。
なんか、中田英寿選手の引退表明を読んだ時と同じもやもや。いや、あの文章に感動したという人には申し訳ないんですが、なんかね。
・・・まあでも、このタイミングで引き留めなきゃいけないので、それについては仕方がないんですが。

でもこのセリフは納得いかないぞ。
今のパートナーを傷つけてしまうことに対して「俺とお前でひたすら謝り続けるしかない」って、なんでいきなり共同責任!?(笑)
凛の方から「私も一緒に謝るわ」ならまだわかるけど。
いや、違うよそれ。なんか違う。
てゆっか哲志は凛の気持ちが見えたからこそ初めてそこへ踏み込む度胸が出た訳で。
なんか・・・一見自分の意志のように見えて結局女の子の出方待ち、いざとなったら平気で相手のせいにしちゃう卑怯な男に見えてしまう。「俺とお前で」というそのたった一言で。
いや、だってそもそも哲志くんは「凛を傷つけるのが怖くて」解散した訳じゃないんでないの?
凛に三行半つきつけられて、それで訳がわからないままに引き下がった訳で・・・。
いや、いやまあそこでつっこめるほどの胆力は吹雪くらいにしか持てないんでそれはしょうがないんですが。
でも初登場の時とか、恨み節たらたらだったじゃんか。
凛に「好き」と言われるまで、文句に嫌味ばりばりだったじゃんか。
それをいきなり・・・態度変えて。
なんか・・・なんか・・・っ。
なまじ顔がよくて「優しい」だけに、哲志は信用できない(笑)。
こーゆー男が、凛よりももっと好きな相手が出来た時「君は強いから一人でも平気だ。でもあの子には僕がついててやらなきゃ」的な腹立たしいテンプレセリフを吐いて去っていくんじゃないだろうかとそこまで考えたよ私は!!

というわけで、2年後に信綱と凛のペアは復活します!
断言。
というかそういう風にすることにした。私の脳内で。


まあ過ぎたことをくだくだ言うのはよそう。
それで凛が幸せだと感じるならいいさ。
(2年後を見ていろ。)
(ていうかむしろ、夏コミのあとで見ていろよ。ふふふ。)


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
よかったら押してやって下さい。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。