ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャンプ13号感想(ネタバレあり)

何か今週は全体的に波に乗れなかった感じ。
私の方の気分の問題ではあると思うのですが。
多分一番の理由は太臓がいつもと違うことやってたせい。
それと張るほど大きい理由はツンエロ委員長がなかったせい。
そんな感じで今週はいってみましょう。

あとカップリング指向(思考か、嗜好かもしんない)多めなので注意。
基本的にヘテロ(男女)な組み合わせしか萌えませんけど、それはそれで嫌う向きもいらっしゃるでしょうから。

☆ブリーチ
あー、先週のラストでお面みたいだと思ったらほんとにお面だ。
まあ確かに言われてみれば、そう名乗ってるよね彼ら。

三つ編みセーラー服の彼女の名前はまだ出てきてませんが、下睫毛も見慣れてきたのか描き慣れてきたのかいい感じに馴染んで参りました。
なんかこの・・・眉毛にピアスした、ネウロの吾代みたいなやつと仲良かったりしないかなあと妄想。
仲いいって言うか・・・けっこう直情で「なんだうらぁっ!」な眉毛ピアスに「あんたうるさい」とさっくりツッコミ入れてくれるような関係希望。
先週っから(今週も)、同じコマにいたり隣に立ってたりといい感じの距離にいるので、やってやれないことはないかもしれない。
ていうかやって下さい、久保先生。
刀抜いた姿がまたイカスのです、三つ編みセーラーさん。ああ、なんて名前なんだろう。

物語の方もようやく進展を見せて、一護はまた特訓です。
・・・特訓描写をすることによって三つ編みセーラーさんの出番が増えるなら私は文句を言いません。たとえ石田が出なくても。
って、なんか三つ編みさんのことしか言ってないよ私。

ところで、ちびっちゃい女の子の首を絞める描写がえらくえぐく見えました。締めてる最中もそうですが、ラストページの1コマめのひよ里の表情とかポーズとか口の端から伝ってる液とかが妙に生々しくてやばいと思います。私だけ?
あと、台詞の抜けとそれを直したものを新刊に収録という処置がなんかひでーと思いました。
読み切り目当てで買った人(それがなければ買わなかった、コミックスは買ってる人)とか怒ってるんじゃないだろうか。

☆ムヒョロジ
ほとんど読んでないのだが、五嶺が「お坊ちゃま」だったのに驚いてしまった。女だと思いこんで読んでました。
女装少年好きなので、これで私の中の株が上がってもよさそうなんですが、なんか「キターーー!」って感じはしない。今後に期待かな。
ちなみに一番好きなキャラは火向洋一(ていうのね、ヘアバンドの彼)ですが。
ムヒョは最初の数話は読んだものの、絵が苦手で挫折。
何が話として展開してるのか、追い切れないのです。ほんとにわかんなくなってしまうの。
だから絵が違ったら面白く読めるかも知れない。
でもこの絵も含めて魅力だとは思う。難しいところです。

☆ネウロ
冒頭の新聞記事の「刺客というより四角」が好きかも。うまいこと言いおって。
表紙のXが可愛すぎて何者かと思った。
相方が、表紙でボムられてるのは某インターポールのとっつぁんではないかと指摘。言われてみればそんな気も。

笹塚と笛吹のブラックコーヒーを挟んだやりとりが楽しい。ミルクを取り出す筑紫も面白すぎで、こういう関係って和むねえ。
弥子ちゃんのマンボウの絵に笑った。
嘆かれたのは絵の出来ではないところが。
ネウロの「知るか」ってふつーの受け答えがおもしろい。

首締められたあとの弥子ちゃんが妙に萌え~な表情をしてる。
あと、エリザベスを見てると、バオー犬を思い出す。

☆メゾン・ド・ペンギン
面白いような気がしてきた。少なくとも同時期に始まったツギハギ漂流作家よりも読んでいたりする。
マナブは面白かったし、ツキミちゃんも意外に好きだったりする。
あと、バカップルネタもこの紙一重のイタサ加減が意外にクセになる。
総じてけっこう読んでしまうのが癪だ。
これはあれだな。昔創刊したてのコミックバンチで「屈辱カー」読んでちょっと面白くて「く、屈辱」と思ったのと同じ類の感情だな。
でもツンエロ委員長がなかったのは大きなマイナス。もしかしてそうやって口惜しがらせるのも狙いか?

☆銀魂
銀魂はたまに「途中で読めなくなる回」があって、今回がそれだった。
最初は結構面白く入るのに、途中でほんとに読めなくなってしまう。
ページがえらく多く思えて、ああこのトンネルはいつ開けるんだろう、みたいな気持ちになる。
神楽もさっちゃんも可愛いのだが。

☆もて王
ううう、微妙。面白くなくはないけど全体的に微妙。
多分あいす分と宏海分が足りないからだ。
ツッコミがなくてボケが流れっぱなしになってる。

<桃太郎2>
乾(イヌい)、真白木(マシラぎ)、木島(キジま)と名前が揃っていたのはこの日の為であったのか。(ちなみに乾は一で「ワン」、木島は「ケン」と鳴き声であるね。真白木は忘れた。)
ヤイコさんは常日頃より「ひぐらしのなく頃に」の魅音に似てると思っていたので、「鬼」とかいうワードが出てくると反応してしまう。
<西遊記>
いやああああっ! 痛い話苦手ええええっ!!
このメンツでの西遊記ならそのまま連載になってもいいとすら思いますが(パタリロ西遊記みたいに)、でも毎回痛い話がでるのはいやぁ。
あとできれば悟空が宏海で三蔵あいすを守ってやってほしいです。
すみませんただの妄言です。
<マッチ売りの少女>
妄想の中の宏海がかっこよすぎて参った。
「あっためてやる」と言いながら手がボタンを外してるのなんてあらあらまあまあいかがなもんでしょうかちくしょう。
いいからもういっそ【妄想の中の宏海】と【妄想の中のあいす】でくっついてしまえ、とか暴言吐きそうになりました。ていうか吐きました。
・・・や、でもやっぱり、妄想の中のあいすはちょっと違うかな。
あいすは雪女なので「寒いからあっためる」ってパターンが有り得ないのが何か切なくもあり。
ああでもそれなら、寒すぎて力を押さえきれないあいすを、宏海があっためて助けてやるってのよくね? アリなんじゃね?
誰か描いてくれないだろうか、そういうネタで。
しかし、矢射子怪鳥(一発変換)がどんどん宏海によろめいていってちょっと複雑。
このままスクランみたいにぐちゃぐちゃな片思い模様を描いていったらどうしよう。
「宏海とあいすはくっつくよ→ツッコミ派」とか派閥が出来たらどうしよう。
アニメ化して宏海が高橋広樹であいすが堀江由衣だったりしたら・・・いやそれはそれで。

☆タカヤ
うわ。

の一言で感想終えたろかと思ったけど、もう少し書く。
早売りジャンプ読んだ人の情報で、どうやらタイトルが変わるらしいとは聞いてたけど、予想の斜め上というかねじれの位置の上行く展開だった。
ありえねえ。
ジャンプ読んで長いけど、こんな展開は記憶にない。
でも、まあ、武闘大会よりはいいかもしれない。
残念なのは他のキャラたちの出番が減ることだなあ。
一晃と春歌の進展が見られないのも残念だけど、今回後ろ姿が立派なツンデレだった春人がもう見られないとなると淋しいなあ。
と思ってたら、相方が「いや、他のやつらも飛ばされてきて合流」とお素敵な案を出してくれた。
ソレダ!
するってーと春歌は鉄壁の防御と回復魔法でみんなを助ける僧侶!
RPG僧侶好きー。萌えー。(相方は「むしろクレリックと呼びたいね」といった。いいね!)
・・・問題は、そんな展開を見せるまで連載が続くかどうかだ。
ほんとにどうすんのさ、これ。
つまりあれなのか。
タカヤの重大な要素と言われているらしい「森」に焦点を・・・あててんのよ?(つ、つまらん)

ハシラに「謎だらけの展開!」とあるけど、多分ネウロは食べてくれないと思う。

☆テニプリ
最後の見開きだけ見て打ち切りかと思った。
ここで「ご愛読ありがとうございました。許斐先生の次回作にご期待下さい」とか入ってもおかしくなかった。いやマジで。

というところで、軽くといいながらまたしても長文。
果たしてこれらは感想と言えるのだろうか。

←よかったら押して投票して下さいませ。
人気ブログランキングへ←こちらも登録してみました
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。