ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るるる ルルーシュ

コードギアスの#25、26を見て、軽く精神不安定な百賀です。ごきげんよう。

どうせまっとうな終り方はしないだろうと踏んでいましたが、その予想をちょびっと上回ってましたな。
#26の中コマ時点で、これはもう投げっぱなし上等の構え、ていうか今正により遠くへ投げきる為の大いなる助走中だ、とか深水と話してたんですが……いやはや。
今時ジャンプの打ち切り漫画だってあんな終り方しねー(笑)。

もっともこれは、すでに続編にとりかかっているからこその芸当で、これはこれでヨシ! と思います。
笑わせてもらった。

内容について、特に感心というか「おお」と思ったのはウ゛ィレッタが扇を撃った辺り。
あのあっけなさ。
その前の、記憶を取り戻して「イレブンなんかと……っ」ってセリフと相まって、コードギアス全編を通して一番、差別という感情(感覚?)が描かれていたんじゃないかと感じました。
頭じゃなくて体に、ダイレクトにキましたね。
差別とか、したくはないけど、でも自分の中に確かにそういう感覚ってあるなあと。

女性として、同じ状況におかれたらと思う、その理屈ではない異質感というか異物感というか。
ぶっちゃけ「汚された」と思うであろう、その辺りがね……。
これは別に差別とは関係なく感じるところでもあるはずですが、なんか、もしかして非常に近い感覚なのかも?
……ううん、上手く言えない。

とにかくあのあっけなさが、ほんとすごいと思った。差別に関してだけでなく、自分の意志とか記憶とかを奪われたりなくしたりすることへの怒り、翻って、それを他者に対して行うことがいかに残酷か。

とまあ、見てるときはそこまで考えませんでしたが。
じわじわとね。くるなあ。

ほかのことについていうと、作画が怖かったです。
みんなカマキリみたいな顔してるんだもん。
目も怖いが、輪郭からはみだすほど歪んだ口がやばいと思った。色んな意味で。
続編は一体どうやって転がっていくものやら。
楽しみです。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。