ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー13号感想(ネタバレあり)

サンデー感想です。
ブリザードアクセルメイン、他アルバトロス、チルドレン、、じゃぱん、ハヤテ、あいこら、からくりサーカスでお送りします。
どうも私の感想は、長文な上にテンション高すぎで情緒過剰演出な気もしますが、読んで頂ければ幸い。

ブリザードアクセルの感想は、ものすごく長くなったので一番最後にします。
ではその他掲載順に。

☆新連載 妖逆門
藤田和日郎先生原案協力。
アニメ連動企画。
うーん・・・。微妙。
アニメのデザインの方が絵が好みだし。
「お前は何を望む?」って聞かれたら、「冒険」って答えてほしかったん。
同様のことは後から言ってるんだけど、「ない」って言った後で「冒険することそれ自体が望み」ってなんかテンポが違う。少なくとも私とは。
・・・まあそれが「甘い」と言われる所以なんだろうし、これから変わっていく部分でもあるだろうし。
そういう真っ直ぐちょっと天然系主人公ばかりが流行るというのもアレだし、だからある意味普通のやりとりなんだけど。
なんか、その部分だけでテンション上がらなかったっす。・・・どうせなら、うしとらテレビアニメ化とか・・・(多分それは無理)。

☆ハルノクニ
ハルを死に追いやった「真実」は明かされないまま。
だったんだけど、今週は先週よりも好感度アップ。
家族との交流(と言うか、決意を込めた家族との別れなんだろうな)がよく描けていたと思うので。
うん、これならもうちょっとはついていける、かな。
コーさん好きだし。パパさん素敵だし。
・・・でも、その分この周りの人まで巻き込むことになったら・・・ショックでかい、かも。
あと、レポーターを見て「ハル生き返った!?」と思った人、手ぇあげてー♪

☆アルバトロス
まず何より、シュライクの口を押さえたピジョンちゃんに萌えました。
そしてシュライク強っ!
懐かしい歌歌いながら(JASRAC申請大変だな)、強っ!!
さすがはエリートです。
でも、あわやユウキが腕をもがれる、というところで姫様が助けます。

しかし姫様・・・先週レバイオを見殺しにしようとしておいて、今更「私も本当は助けたいと思っていたのです」って言ったからって、許されると思ったら・・・思ったら大間違いだぞ!!
そして私は大間違いです。
いいです、その気持ちだけで十分です姫様。
やっぱりあなたは優しい子なんですね。
ていうか、先週も別に姫様冷たいとかは思わず、「そうだよなあ、自分の身が危ないなら逃げなきゃなあ」とか思ってました。やっぱり大間違いです。

ユウキの手の聖結晶は姫の炉と連動して力を発揮するようです。
故に姫様、「これからは一緒にいます」宣言!
うわ、なんか唐突にキタ!!
・・・私弱いんですよ、この「二人で一人、一心同体、あなたは剣で私は盾」的展開。
盾、じゃなくても力の源おっけーおっけー、むしろ萌え。
でも残り少ない姫の素石が心配です。(姫の素石って何?)

ところでサンデーバックステージ、若木先生すごいです。
今のところ毎週更新・皆勤賞。
しかも文章がうまい。読みやすいです。これも楽しみ。
しかし・・・端々に出てくる用語がすっごい同世代っぽい・・・。ムシバラスとか今の子供は知らないんじゃないかな。
なんか親近感。
と思って、プロフィール見たら誕生日が一日しか違いませんでした。
若木先生5月9日。私10日。
わーい、親近感アップ♪
ああ、いえ、その・・・誕生日が、と言うか、生まれた日が、なんですが。
そりゃ同世代の匂いがするはずだよ。同学年だもん。うわびっくり。

☆チルドレン
大佐にはきっと何か特別な理由があって、それは戦争絡みに違いない、ということはわかっていたのですが、ちょっと意外。
もっと残酷で人間というものがいやになっちゃうようなものかと思っていたので。
それが、いい話で・・・。
逆に泣けました。ほろりと。
それにしても、力を引き出す為にその話って・・・話術関係ないやんけ。
先週に比べてややパワーダウンの気もしますが、先週がパワーありすぎたんだと言うことでここは一つ。
「実は知ってて協力した」ケンさんいかす。
次週お休みか。淋しいな。

☆じゃぱん
味覚審査員のお話。
真面目に考えると黒柳さんすごい。
知識として面白かったです。
ガキはやなやつですが(笑)。

☆ハヤテ
うっっっわっ、やべ。
ツボ。
牧村先生、ツボ。
私的ハヤテ内好きキャラランキングでいきなりトップに躍り出たことをご報告します。
女教師、天然、メガネ、ややクセありロングヘアー、白衣、それでいて頭めちゃくちゃいい(知識だけじゃなくて回転が速い)、人間観察・分析能力に長けている。
完璧。
そして何より私があんまり好きではない桂先生を抑制してくれそうな存在である。
パーフェクト。
しかし、ハヤテくん、年上好きと言われてマリアさんを思い浮かべるような人だったのか。
知らなかった。あんまり読んでこなかったから。
・・・いや、ここ数週読んだ限りではそんな気配は感じられなかったのだが。

ところで、牧村先生のツボポイントをあげているうちに既視感に囚われました。
いた・・・こんなキャラどこかにいた・・・。
思い出したのは、自作ゲームのキャラでした。ここの一番下をご覧下さい。
そりゃ好きなはずだよ。要素詰め込んでるんだもん。
ちなみにゲームページのトップはこちら
体験版しか出てません・・・ごめんなさい。

☆あいこら
沫雪さん素敵。
夕雁ちゃんの姉ちゃんズと言い、普段出てこないような素敵キャラを惜しげもなく出してくるとは、やるな。
ある意味テコ入れか。
あいかわらずパーツがかかると強いハチベエ。
いいよ君は、そのままの君でいてくれ。

☆からくりサーカス
やってくれると思ってました、この人達は。
描いてくれると思ってました、藤田先生なら。
やっぱり一番泣けるのは、ふつーの、いやそれよりももう少し弱虫で臆病で、ずるくてせこくて卑怯なところのある「ただの人間」が、一歩だけの勇気を振り絞る瞬間です。
人という字は人と人が寄り添う姿だと、金八先生が言ってきたその理論を、理論ではなく感覚で、真理として実感するその瞬間です。
「みんなが生きてなきゃ生きてらんない」
「人間達裏切った思い出抱えて生きて行けない」
そんなことを、涙ぼろぼろ流しながら、震えた泣き声で、全然かっこよくなく喚きながらがんばられたら、もうそれはこちらとしても泣くしかない。
これはあれです、映画版ドラえもんにおけるスネ夫理論です。ポップ理論ですウソップ理論です。
ていうかからくりサーカスです。
ここ毎週泣いてます。
よく考えるととんでもねえ、皆殺し漫画です。
キャラの死で涙と感動を誘おうなんて、他の人が安易にやったらぶーぶー文句垂れる私です。
セカチュー嫌いな私です。
でもなんか・・・しょうがない。
藤田先生ならしょうがない。と思います。
思わない人もいるかもだけど。


☆ブリザードアクセル
えっと、今週は先週よりはどきどきしないで読めました。吹雪がかっこよくないから、では決してないのですが(笑)。
得点の実況が多くて吹雪のコマ自体が相対的に少なくなったことが原因かと。
特にダブルアクセルとトリプルルッツの時はもっと吹雪の方を大ゴマで描いてほしかったかも・・・。
正直、「ちょっと! 黒塚さん黙ってて!!」とか思いましたもん(笑)。
・・・あ、でもこれは、構成として仕方ない部分もあるんですよね。
「氷上が天国に見える」を一番強調したい訳で、それが見開き。
で次の見せ場である逆回転コンビネーションジャンプを1ページまるまるで表現するとなると、どうしたって前の二つはそれよりも抑えておかないといけないわけで。
コマ抑えたら、解説を入れておかないと、技の絵だけ続きすぎて印象が薄くなるかもだし。
となると今の形になるのもわかるような。
難しい話です。

顔芸リアクションは私としてはけっこう邪魔じゃないんですよ。なんというか背景の一部、効果の一部として読み流せるので。
でもネームって、けっこう邪魔。
フロストクィーンの負け組メンツがちょっと・・・負け犬節全開で・・・見てて邪魔だった、かも。つか、相手を貶めて自分のプライドを保とうとするやり方には正直うんざりですよ、お三方。
あと個々の技の得点だけならいいんですけど、天沢との差が何点だの今何点リードだの逆転だの言われると、別に計算してないんですけど、気になります。
読者としては、「もう吹雪が勝つに決まってんだからいいよーーー」とか思ったり(笑)。
そうです、読者のうちの何人があのコンビネーションジャンプの成功を危ぶんでいたというのでしょうか。
あれはもう予定調和の一種なんですから。

・・・と、文句ばっかり言ってしまいましたが。
総評としてはやっぱり面白い。
最初に戻り、流れに沿って感想羅列。

一コマ目の吹雪。睫毛長かったですねえ。
どこの少女漫画かと思いました。
それもやや昔の。生徒諸君とか。

ふたつのステップシークエンスは、キャリアの差で天沢の勝利。
それもけっこう大差で。
ああ、一応吹雪にも弱点はあるのね(笑)。
――それ以前にループとトゥループが飛べなくて普通のコンビネーションジャンプが出来ないという大弱点(ていうか欠点)がありましたが。

得点が伸びない、というのはもちろん優雅さや表現力が磨かれていない、ということでもありましょうが、レベルを細かく上げていく技術がまだない、ということなのでしょうね。チェンジエッジとか(とか、しか知らないけど、加点要素)。
・・・しかし、スピンではあんなに加点要素が入れられていたのに。
うーん。
フィギュアのことはよくわからないんだけど、加点要素というのは何か一つをマスターしたから全ての技で使えるというものではないのかな、と仮定。
スピンでチェンジエッジが出来るからと言って、ステップシークエンスのときに必ずしも細かいチェンジエッジを入れていけるというものでもない、とか。
(・・・吹雪はチェンジエッジしてバランスとるの得意そうなんだけど、前述のようにチェンジエッジしかぴんとこない(つか言葉を知らない)ので、便宜上。)
技を一つ一つ、着実に自分のものにして、その上で加点要素を取り入れたものをまた新しい技として身につける、ていうくらい地道なたゆまぬ努力が必要なんでしょう。
・・・でもそれは、フィギュアに限らないかもですね。
そういう努力を必要とされるものに触れてこなかった(ていうか避けてた)ので、とても想像出来ないのですが。

スピンは、入寮テストの為に倒れるほど練習したから、その成果が生きてきた、というのもあるのでしょうね。
先週書き忘れましたが。

えと、そして吹雪は、心の中で陣や五反田やマッケンジーに語りかけるのです。
ありがとう、と。だからがんばる、と。
・・・これって。
よく考えると不思議です。
吹雪は目立つ為にフィギュアを始めたのに。
今は、目立つことよりも大切な何かを見いだしている・・・。
もちろん目立ちたいのですよ。
客席みんなを魅了したいのですよ。
天国へ連れて行っちゃいますよ。
でもそれは・・・えと・・・。

たとえて言うなら連載当初の吹雪は、底に穴のあいた、干上がった湖だったんじゃないかと。
人から注目される=そこに水が流れ込んでくる、みたいな図式。
だから注目されたかった。
・・・でもきっと。
「穴」が空いたままでは、いくら「水」が流れ込んでもそれは一時の潤いにしかならなくて。
だからどんどん、目立つことばかりを求めて、でもそれがかえって人から煙たがられて、という悪循環。
フィギュアとの出会いは。
何よりもその「穴」を埋めてくれたのだと思います。
そして吹雪は新しい「水」も手に入れました。
自分が努力して、それが上達として現れて、やればやるだけ返ってくる手応え。目に見えて上がってくる水位。
人を助けて励まして、自分も助けられて励まされて、という潤いは、一時的なものじゃなくて、水場自体を豊かに変えていったはず。

いくら水があっても、それが流れなかったら淀んでしまいます。
得た水を、観客の方へ流すから、感動が生まれる。
感動した観客のエネルギーが、また吹雪に流れ込む。
流れ込んできたものを、吹雪はただ自分の渇きを癒す為ではなくて、誰かの為に注ごうとしているんだなあと思いました。

・・・例えばそれがどんなに大きい湖だとしても。ただ水を欲しがるだけでは、蓄えられる量には限界がある。
より多くの水を求めるならば、それを使わなくちゃいけない。
フィギュアは吹雪に、水を求める手段だけではなくて、水を与える手段をくれたわけで。
なんか・・・なんか、よかったね、吹雪。
フィギュアに出会えてよかったね。
とか、もう、うるうるうる。
ちょうどこの間1巻から4巻まで読み返したところだったので、ああ、もう、よかったね、としか。
(「しか」言えないって割りにはずいぶん長々語りやがったな、というツッコミは無しの方向で。)

そして鋭い解説・黒塚さんにより、読者にもわかりやすく語られるこのプログラムの真相!!
シットスピン→キャメルスピン→スタンドスピン。
及び、跳ばない→少しだけ跳ぶ→高く跳ぶジャンプ三連続という技の構成。
これらがすなわち、「天国への階段」を見事に表現したものだったんだよ!

・・・ああ、確かに。
・・・・・・なんかもう、すごいなあ。

いや、感心してます。ほんとに。
(以下、あまりにも変な力を入れて語ってしまったので反転しておきます。)

何と言いますか、こういうところが漫画家さんの頭のひねりどころだなあと思うのです。
成長があまりに早すぎる、インフレだ、インフレだ、という声をよく聞くのですが、私はそうは思わない。
ていうか。
いいじゃんインフレだって。
鈴木先生自身がそういう漫画を描きたいんだとしたら。

「バトル漫画やってたら次から次へ強い敵を出さなくちゃいけなくなりました」ってインフレは確かにつらいけれども。
ブリザードアクセルの駆け抜け方、走り抜け方って、そういうのとは違う気がするんですよね。
で、実際。
私がブリザードアクセルに求めてるものだって、地道すぎる練習風景や、ひとつひとつの技を習得していく過程じゃあないような気もするし。
もちろんスピンテストとかスリージャンプ勝負とか燃えますし、でもあれだってある意味ぶっ飛んでいたから楽しく読めた訳で。

・・・うまく言えないんだけど。
ブリザードアクセルが、インフレを懸念して、抑えて抑えてって連載してたら、やっぱりちょっとつまらないと思うな。
転ぶのを恐れてジャンプしない吹雪とか、有り得ないと思うように。
(――でもこれ、そのうちやるかもしれない。ガウェインがスランプになったときみたいに。)
最終的な高みをあらかじめ設定して、そこに至る為にはまだ早いからもうちょっと今は抑えておこうとか・・・そりゃ少しは計算必要だと思うけど、でも。
でも鈴木先生が吹雪を連れて行きたいのは、今現在鈴木先生自身にすら見えていないものすっごい高みなんだと思うのです。
連れて行きたいし、連れて行かれたい。
だからけっこうぎりぎりでぶっ飛ばして、ぶっ飛ばした先に道が開けるぞ、みたいな感覚・・・。

うまくいくかどうかはわからない。
・・・正直、うまくいかなかったことはこれまでの連載でかなりあったような気もしなくもない。
読者としては、やっぱり長く連載続けてほしいし、失速とかは避けたい。それも本音。
インフレ以外でも才能を表現する方法を、って思うのもわかる。
でも。
・・・私は、インフレってけっこう好きなんですよ。
作者が信念を持ってそれを描く限りにおいては。(多分信念。意識無意識にかかわらず、鈴木先生のそれは信念。)

でも、きっと昔からのファンの人は、やっぱりはらはらして見ちゃうんだろうな。
きっと私は、鈴木先生のファンじゃないんですよ、きっと。
だって、インフレが続かなくなって、つまらなくなったら、読まなくなるだけだって正直思ってたりするもの。ごめんなさい。
実際そうやって自分の感性に合わなくなったものいっぱい途中でやめちゃったもの。
だからあんまり(どころか全然)偉そうなこと言えた立場じゃないんです。はう。


ふう、長かった。
とにかく、天国です。
見開きで天国です。
きらきらです。
お城とか見えてます。
光ばりばり差してます。
・・・てゆうか。てゆうか。
やっぱりかっこいいです吹雪!!
かっこいいっていうか可愛いっていうか綺麗っていうか・・・。
はずかしくて直視出来ません。

天国です。

そこいらの少女漫画が裸足で逃げてくようなこの画面。
そりゃもうガウェインと胡桃もぷにぷにしますよ。

懸念された前代未聞のコンビネーションジャンプの得点は、、予想外のボーナス加点まで加わって10.2!!
ショートプログラム、勝利です!!

さあさあ来週はフリーです。
今まであっさりと流されてきた感のあるフリープログラム。
今度こそちゃんと描かれるのか。
描かれる・・・のか。

しかし正直その前に!!

一週分くらい使って、吹雪の為に一生懸命な六花にスポットを当てて下さい!(本音キタ!)
出来たらいちゃいちゃさせて下さい!!(妄想キタ!!)
フリーを前に柄にもなく緊張してる吹雪を、ぎゅっと抱きしめてあげるとか! 逆に吹雪の方から抱きしめて「いってくるから、見ててくれ」というとか!! 「大丈夫、いつでも見てるから」と答えさせるとか!(自分で書け!! ――書くか。いやそれはそれとして。)
あああああ、あのペア編の甘い日々をもう一度!
一度と言わず二度三度!!
週に一度は吹雪×六花を運動!!

いえ、いえいえもちろん、今週も萌えどころはありましたよ。
コンビネーションを成功させたときの六花はすげー可愛かったですよ。
キス&クライで発表を待つとき、吹雪の後ろにいる六花とか可愛すぎですよ。
勝利を喜ぶ六花なんて、なんかいじらしすぎですよ。吹雪の背中辺りに添えられた手には愛しか感じませんよ。
でもー。

なんで六花には「ありがとう」って言ってくれなかったのさ吹雪っ!!
(ペア編のあとで個別に言ってましたがな。)
なんで滑ってるときに六花のこと視界にすら入れてくれなかったのさ吹雪っっ!!
(いや・・・入ったらノーコメントスルーって訳にもいかないし、そしたら陣と五反田が薄くなるし。だから今は話の流れからして出番じゃない訳で。)
なんで「お前の為に滑る」って言ってくれないのさ吹雪ーーーーーっ!!
(いやいやいや、マッケンジーの為だから!!)

( )内は理性によるツッコミでした。
・・・いえ、ほんと、理性ではわかってます。あそこに六花の出る幕はないって事は。
・・・わかってるからこそ、切ない。
・・・・・・いえ、ほんと、わかってますから。
それが物語というものです。

・・・自分で補填します。(マテ)

アクセス解析を見たら、吹雪×六花で検索して下さった方がいらしたので、ここぞとばかりに吠えてみました。
ああ、私は独りじゃないのね。と思ったら嬉しくて。
他に「ブリザードアクセル 小説」で見つけて下さった方もいらっしゃっいました。
・・・でもこちらは、どんな小説を求めて来たかによって事情が変わるような。

いつも感想定点観測に拾って下さる僕ラブ様には申し訳ないです。
ごめんなさいごめんなさいごめんなさい。
吹雪×六花妄想前面に押し出しすぎでごめんなさい。
いつもありがとうございます。

というわけでまた来週。
の前に目次のところのコメントについて。
・・・やっぱりこう、漫画家さんにもキャラ立てっていうのがあるんだなーと。

やっぱり、鈴木央先生はまちがっても成人向け雑誌とか言っちゃ駄目な訳ですよ。
そして椎名高志先生は成人向け雑誌とか言わなくちゃ駄目な訳ですよ。言って、逆ギレもどきに開き直らなくちゃ行けない訳ですよ。うわ感動。
そして、ハルノクニの原作・浜中先生はフ○ンス書院文庫・・・。いいのか、そんなこと言って。

ところで鈴木先生。
「シュガーレスガム。そして食い過ぎて下痢になる」
・・・あの、トイレに入ってる姿へのこだわりはここから来るんですね・・・。

よかったら押してくださいませ。

人気ブログランキングへ

ああ、あと1000HIT記念娘ですが1000hit

「稲葉 羽亜」と名付けてみました。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー13号 感想

今週のサンデー13号のテーマは、「謀」です。雪路、吹雪、グリシャム大佐、桐乃祖父、、、、今日は"ヒナ"祭り!ということで少年サンデー感想13号です。| ハヤテ | アルバ | クロス | ブリセル | 絶チル | コナン | WILD || 見上 | あお高 | あいこら | 兄...

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。