ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷山の一角

えーと。
吹雪×まちか派の方は、このままお引き取り願った方がいいのではないかと考えます。
あと、「五反田が女といちゃいちゃしてるのは許せん」という方も見ない方がいいと思います。

決して、決して!
いつもお世話になってるガミガミさんを傷つけたい訳ではないんです。
だから、もしもこれを見てもスルーして下さい。ごめんなさい。

・・・自己責任で、続きをクリックして下さいませ。
(いや大したこと書いた訳じゃないけどさ。)

氷山の一角

青春アミーゴ。
絶望的に似ていませんよ、どうしましょう。
なんか、パトレイバーの篠原遊馬を「似ない似ない」と泣きながら描いた苦い思い出が蘇ってきた(笑)。
もうだいぶ年を食ったので、似てなきゃ似てないで開き直るんですけれども。

こちら様を見たら、なんか辛抱たまらなくなって、描いてしまいました。
五反田とまちかさんのツーショット。
・・・ただ並んで話してる、ってだけのことなんですけどね。
・・・なんか・・・なんか萌えてきたよ、このカップリングに。

霜月さんも以前におっしゃってたし。
いや、充分ありだと思いますよ、五反田×まちか。

私の考える五反田×まちか(略してごんまち)はですね。
氷山にいた頃は、二人はまあ、単なる仲間というかそんな感じで。
まちかは、五反田の実力は認めてます。
彼の演技もけっこう好きです。
でも。ちょっとプレッシャーに弱かったり、それで逆に虚勢をはってかっこつけたり、っていうところを、ああもうしょうがないなあ、なんて感じで見てる。
恋愛の対象ではないんですね。
だからこそ、逆に気楽に話せるっていうか、そんな相手。
むしろ意識してたのは「北里吹雪」じゃないかと思うのです。
口では嫌ってましたけど、実際嫌いだと思ってるんだけど、どうにも気になる相手、みたいな。

一方五反田の方は、やっぱりこれも恋愛とかではなくて、まちかは仲間の中でも話しやすい一人ってところ。
かっこつけてもかっこつけても、何でだかまちかにはびびってるところとかよく目撃されちゃってたりして。
だから、たまーにまれーに二人っきりで帰ったりする時とか、五反田は意外に素直な顔して話してたりして。
まちかもけっこう優しい表情で聞いてたりして。
そんな関係希望です。

で、五反田が特待生になって東京行っちゃって。
離れてみて初めて、ちょっと物足りなさを覚えたりするまちか。
でも、吹雪が特待生になったって方が驚きで(多分花音や雷蔵から聞くと思う)、そっちに感じる淋しさの方が心を乱してて(「なしてあんなヤンキーのことが気になるんだろ・・・」みたいな)しばーらく自分の気持ちに気がつかない。

で、今回黒塚さんが試合を見に行って、おみやげに試合を録画したビデオとか持って帰ったりするんですよ。
で、そこで五反田の頑張りを見て、なんかときめいちゃう、みたいな。
・・・尤も、そのあとに吹雪のビデオとか見せられたりしたら、そっちの方がインパクト強い気もするけど・・・。

こんな事言うとますます吹雪×まちか派の人に怒られそうなんですが、まちかには常に吹雪の方を意識していてほしいっていうのはあるんです。
憧れのような恋のような、でもやっぱりそんなわけないって否定する心の葛藤、みたいなの。
で、その気持ちの下、自分でもっと気がつかないところで、五反田への気持ちを育てていってほしいなー、みたいな。

いつかまちかが東京へ行く機会があったらですね。
白帝を見学しますでしょう。
で、やっぱり吹雪が気になって、でもそれを認めたくないから「どうしょもないヤンキーだったくせに」みたいにちょっとぶつぶつ言ったりするんですよ。
と、そこで五反田が「いや、あいつはすごい奴なんだ、あいつのおかげで俺は・・・」みたいに一生懸命吹雪の良さをアピールするんです。
その真剣な五反田にこそ、なんかどきっとしてしまうまちかさん、みたいな。

んでんで、吹雪と六花で仲がいいのを見て軽くショック受けてるまちかを見て、初めて五反田は「あれ、こいつもしかして吹雪のこと・・・」って気がついて、その途端になんだか恋愛というものが気になり始めたりして。
で、つい、
「あの二人はすごい絆で結ばれてるから、入り込む余地なんてないぞ」
とか言っちゃって、まちかに
「誰もそんなこと言ってないべ!」
って半泣きされちゃって、
「ああ俺、なんであんなひどいこといっちまったんだろう」
って落ち込んで。
で、当の本人の吹雪に励まされたりしてな。
うわ、甘酸っぺえ。

喧嘩して気まずい雰囲気のまま別れて、電車に乗って福島へ帰ろうとするまちかを駅まで走って追っかけていってほしいですよ。
そんで、あの、情けない顔で、
「ごめんっ・・・」
って謝ってほしいです。

で、なんとかぎりぎり仲直り出来て。
福島に帰ったまちかは、五反田に電話しようか手紙を書こうか、迷ってる。
五反田の方も、同じように迷ってる。
そんで窓から見上げると空に月があって、ああ同じ月を見てるのかなあ、みたいな。

・・・結局私は何が言いたいんだ(笑)。
ああ、そうそうだから。
ごんまちいいよごんまち。
五反田×まちか。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
よかったら押してやって下さい。
スポンサーサイト

*Comment

すみませんごんまちです

い、いらっしゃいませ、通りすがりのマチカスキーさま。
すみません今度吹雪とまちかのSS書くので許して下さい。

  • posted by 百賀ゆずは
  • URL
  • 2006.04/03 23:31分
  • [Edit]

ごんまちですかそうですか

…|文|∀-=・=-) じ~~…


傷ついてなんてないですよ…ニヤリ
  • posted by 通りすがりのマチカスキー
  • URL
  • 2006.04/03 00:00分
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。