ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー18号感想(ネタバレあり)

ブリザードアクセル中心にしてメイン。
基本的に掲載順・ただしブリアクは一番ラストです。
続きからどうぞ。

余談。
昨日アップした吹雪×六花小説は11760文字ありました。
(空白、改行などは数えません。)
400字詰め原稿用紙30枚です。
・・・携帯で読んでる人にはラストが見られない場合があります。ごめんなさい。

☆ガッシュ
ぐわーっ。号泣。
えーと、この手の「部屋の罠装置が発動して誰かがその足止めをする為に犠牲になる」というパターンは割とよくあると思うのですが(しかもシャッター・吊り天井系)しかしそんなことはどうでもいい。
「王をも殴れる男」という一言が! もんのすごい「がびーん」ときました!
(感動ぶちこわしの語彙・・・でもほんと「がびーん」って感じだったんだもの。)
がびーん がびーん がびーん・・・
もちろんそれは、言葉単体ではなくて、その前のバリーの言動あってのことですが、それをその一言に集約する手腕は見事。
ああああ、やっぱりガッシュって燃える漫画だなあ!

☆結界師
何しろ今まで読んでこなかったので、「絶界」とやらを使う人間が誰のことを指しているのか(そもそも今までに登場したのか)とか見当もつかないのです。
志々尾が死んだところはちょっと読んだのですが。
・・・うーん前の方の話知りたいなあ。コミックス買いそろえるのはつらいけど、漫画喫茶行こうかな・・・。
良守可愛いかも・・・。

☆妖逆門
二人組の理由も撃符の使い方も呈示されました。
・・・これ、交代交代で足止めするってのはできないのかしら?
(他にクリアーしてた人はやっぱり相方を犠牲にしてゴールしたのかな?)
まあでも、うまいこと考えたのでよしとしましょう。
立体的に物事を考えられるのがニホン(ロンドンに対して)の強みかも知れません。
・・・単に高いところに憧れる素養の持ち主なのかも知れませんが。

☆ワイルドライフ
タンニン中毒、っていうのはけっこう「おお!」と思いました。
アカシヤの話で、岡崎二郎さんの漫画を何故か思い出しました。
これでしばらく宝生さん出なくなるのかな・・・。

☆ハルノクニ
志乃可愛いよ志乃。
黒猫ハルの能力の一部大公開。
目からビームとクイック・デス・シルバーでした。
・・・どんな萌えキャラやねん。
この分で行くとマジで猫耳娘(人格は開発に携わった天才少女科学者のコピー。クール系ツンデレ)に変身してもおかしくないですよ。(いやいやいや!)
志乃のこと心配して怒るギリ、志乃に泣かれて困るギリ。
なんだかんだでやっぱり惚れちゃってるんじゃないか疑惑。
昼行灯ぽい内閣総理大臣にはメガネ美人有能秘書がついてた。(一発変換で「書」が「所」だったのはナイショだ!)
ぼさぼさでだらしない総理もよかったが、すっきりしたバージョンもなかなかよいので許す。

☆ハヤテ
今まで読んでこなかったので、「おねーさん」を連発されると本当の兄弟姉妹関係や年齢上下関係がさっぱりつかめなくなる罠。
ナギ可愛いのだが、もとが誤解でハヤテの方がさっぱりというのが何か見てて痛々しい。
スクランの読めない人間ですから、私。

☆武心
流星の天然ぶりはものすごいなあ。
でも何か可愛いから紙一重で許す(笑)。
デフォルメのクマみたいな顔も可愛い。
一話に出てきたキャラやあのときの勝負が絡んで来るというのはちょっと意外だった。
奥山くん、典型的なツンデレです。
真弓さんの実力が早く見たいです。

☆ジャぱん
回想のコピーを見ると、橋口先生の絵もけっこう変わったんだなあとか思う。
あんまり真面目に読んでないから気がつかなかったけど前髪下ろしたり涙ぐんだりしてる和馬って可愛いよね。
ところで実は今週はジャぱんを読み飛ばしていたのだが、相方に「鉄生出てたな」と言われて読んだ。
あ。ほんとに出てる。しかもものすごい勢いで(笑)。

☆あいこら
弓雁ちゃんがついに告白。
このままラブコメ漫画になっていくのだろうか。
でも花火の音で聞こえなかったに一票。
それにしてもあの格好でダンスは恥ずかしすぎる。
だってただの下着でしょう、あれ。
・・・なんかいじらしすぎて可哀想だよう。

☆絶対可憐チルドレン
葵ちゃんかっこいーー。
先週も思ったけど、能力の使い方が一番頭よくて(応用広くて)好きですね。
(薫や紫穂は逆にもともとの能力がオールマイティすぎるんだよな。制約の多い能力をいかに頭よく使うかってのに痺れます。)
しかし、黒木君と火下君、かっこよすぎるぞ!
葵と紫穂の実力を知ってもひかないどころか、それでも守ろうとしてくれるなんて!
怖くって震えながら、それでも守ろうとしてくれるなんて!
そりゃあ薫だって心打たれまくりですよ。
・・・もっともまだお付き合いには届かなかったけど(笑)。
でもあきらめないその根性もナイス。
大人になるまで待っててあげてクダサイ。
三人の絆が確認出来てよかった。
薫は紫穂や葵が好きでも、他の二人は薫に手ぇ焼いてちょっとうんざりな面もあんのかなーと思ってたりもしたけど、どっこい両思いなのね。
仲良きことは美しきかな。

☆アルバトロス
姫様姿なのにメガネでセーラー服ってのが萌えでした。
しかし結局リカを仲間に巻き込んではいないのね・・・。
どうやってごまかし通したんだろう。
ちゃんとフォローも入れてやってね、何か可哀想だから。
あと姫の服、少し調達してやったらいいのにと相方が申しておりました。
でも中学生男子にはどうしてやることもできないよねえ・・・。お小遣いも少ないだろうし、女きょうだいもいないし、頼みの綱のリカはハブんちょだし。
あ。
別に男物でもいいじゃんか。
ユウキの服で、シャツとかスウェットとかなら着られるんでね?
体格差そんなにないっぽいから「男物のシャツがだぶだぶでワンピースみたい」というシチュにはならないかもしれないが、ちょうどのサイズをぎりぎり着てる(意味不明)朝倉さんもイカスよ、きっと。
という訳で誰か描いて。

脱線萌えしました。
えと、レバイオ髪切りました。
燃えちゃったからだと思いますが、似合ってるじゃないですか。なんか可愛くなりましたよ。
天井に頭つっかえてるのがなんかいいよね。
「ポリ袋みたいな顔した妹だな」って、ユウキどんな天然ですか(笑)。
ミュウはやっぱり可愛い。
あの葉っぱの冠にはそんな意味があったのですね。
・・・マグネシウムの多さなら海藻の方が上のような気もします。昆布とか若布とか巻いたらどうでしょう。(いやいやいや!)
花の冠をプレゼントなどという、非常に心温まるやりとりに微妙にヤキモチ焼く朝倉が可愛いような。
ような、とつくのは「姫様心狭いっすよ」と言いたくもなるからです。
「怪我がひどいからめくっちゃだめ」というのでナウシカのクシャナ様とか思い出しました。あと、「積み荷を燃やして」の女の子の服をめくったナウシカがショック受けるところとか。
相方はラピュタの「女の子の小鬼がおる」を思い出したそうで、何でか宮崎アニメ祭り。
そして「大発火」なるワードが出てきました。
いよいよ何があったか明かされるのか? と言うところで更に、ミュウから聖結晶に関する情報が?
姫様は、未熟なところもいっぱいあるけど、やっぱり姫様なんだなあと思いました。
未熟だからこそ、この精一杯感が可愛いよね。

☆からくりサーカス
やっぱりマサルがシャトルに乗ることに!
カトウに向かって言った言葉は、過去を知ったからこその重みを持っています。
今現在の、現実の重さに打ちひしがれている面もあるカトウにはない強さをマサルには感じます。
だからきっと、何とかやれるんじゃないかと。
「人間がみんな『昔』を背負って、『今』を生きなきゃなんないなら、この世は幸せになっちゃダメな人間だらけじゃないかァ!」
って泣けます。
マサル、鳴海兄ちゃんに憧れて歩いてきた彼は、今鳴海を諭すほどに成長したのだね。

リーゼさんが可愛い。
この子が泣いてくれたから、きっとマサルの中で「必ず帰る」って気持ちが強くなったと思う。
その気持ちが、約束が、いざって時に明暗を分けたりするんだよね。きっと。

しろがねはやっぱり生きてました。
ていうかいきなりウェディングドレス!?
気絶してる間に着替えてって――うわわわわ。
「カトウは無事に宇宙に行けたかしら」などと言いながら、、大真面目に真剣に人形を並べるしろがねが、可愛すぎて困ります。
でも、カトウが残ったことを知らないからって捨て身の攻撃はやめてー。あおり文句気になりすぎ。
カトウ助けに来てくれないかな。
シャトルの行方が心配かな。
ていうか視力が回復してないよ。
しろがねのウェディングドレスが、死に装束にならないことを祈る。
カトウがその亡骸にすがったときに悲しみを倍増させる為のアイテムにならないことを祈る。
せっかくのウェディングドレス、カトウの隣で笑う為の役に立ってほしいです。

☆ブリザードアクセル
吹雪の勝利、はまあ想定内というか予定調和だとしても。天沢をも変えるものだったというのがちょっと意外な展開でした。その話が入ってくるとは何故だか全然予想もしてなくて。
吹雪のフィギュアは、それにかける情熱は、みんなの心を変えていくなあと。
六花も陣も五反田も、そもそもマッケンジーも、みんな吹雪に惹かれたんですよね。
彼に惹かれて、彼と接することで、自分とフィギュアとの関係を見つめ直し、より一層フィギュアを好きになって・・・。
なんでそんなことができるかといえば、吹雪が何よりフィギュアが好きだから。

・・・ぶっちゃけて言って。
実際問題、好きと言うだけでは物事はうまくいかない。
でも好きじゃなければやっぱり物事はうまくいかないし、うまくいってるように見えても虚しいものです。
何かを好きな人の大変な努力の結果が、天沢のような器用貧乏(と敢えて言おう)のちょっとした努力に負けてしまうことは確かにあり得ることだけれど。
でも、それでもある人が何かを好きと言うことは、非常に貴重で尊いものだと思うです。
やったからってうまくいくとは限らない。
けど、やらないことが成就するはずはない。
買わない宝くじは当たらない理論。ていうと何かぶち壊しですけど。
剣崎コーチはいいタイミングでいいこと言います。
ずっとそれを天沢に伝える機会を欲していたのかも知れません。
そして伝える気持ちになったのも、吹雪の演技があってこそ。
きっと、これからも、吹雪はこうやって演技を通していろんな人を変えていくことでしょうね。
一般の観客も、彼の演技を見て感動を覚えて力を得ていくに違いない。
彼のフィギュアはそういう代物であるのです。

でもそんな吹雪もさすがに体力限界で。
真っ白い空間の中にぽつんと一人でいる姿は見ててすごく悲しかった。
でもマッケンジーの一喝が彼を呼び戻してくれて。
陣や五反田や六花や観客の姿が吹雪の世界の中に戻ってきて、力になって。
・・・そんで、前人未踏の技を、一番得意で一番大好きなアクセルジャンプをこれでもかっていうくらい飛んで。成功して。
成功させて。
グッて。
ガッツポーズ。
ガッツポーズですよ。

ガッツポーズですよおおおおおおおお!

ぶっちゃけこれがいいたかった。
何あの嬉しそうな顔。
そんで「グッ」ってガッツポーズ。
うわ。うわ。うわああああああああ。
激しく萌えました。
正直、今週一番燃えたコマはあの「グッ」でした。
アクセル飛んでる瞬間より、演技最後のキメポーズより、天を仰いだ嬉しそうな顔より、ラストの寝顔よりも、燃えましたし、萌えました。
(いや、全部もえたんだけどね。とりわけね。特別ね。)
(あと天沢の「・・・え?」も可愛かったけどね。泣き顔もね。)
(それから陣君も可愛くて可愛くてしょうがないけどね。いや、正直絵的には吹雪と張るくらい陣君好きだけどね。ていうか性格も好きだけどね。可愛いなあ。)
・・・いや、やっぱりラストの寝顔は反則だと思います。
六花の腕の中でなかったのは残念だけど。許す。
まだ来週エキシビションやるし。
・・・これは嬉しい誤算だなあ。
まさかやると思わなかったし。
・・・女子シングルみたいなはしょり方はしないよね(笑)
そしてガミガミさんが受けた天啓は成就するのか。
(素晴らしすぎる、素晴らしすぎる展開です! 読んでて悶え萌えてしまいました。ハァハァ)
甘酸っぱい展開はありなのか。
是非是非あってほしいが、なくてもどのみち妄想はするんですけど(笑)。
ああ、二次創作小説のネタが増えるのは本当に嬉しいなあ。
ところで、六花のお姉さんっていうか聖母っぽさがばりばり上がっている件について。

追記
左右逆回転アクセルジャンプコンビネーションを、吹雪の名前を冠して「ブリザードアクセル」と呼ぶようになる、と言うのが相方(と私)のもっぱらの予想なのです。(荒川バウアーみたいなもんだ。)
今週でもうその名前が出ちゃうのかしらと身構えましたが、まだそこまでは言ってませんでした。
四回転半跳ぶまでお預けかしらん。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
よかったら押してやって下さい。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

サンデー18号感想

サンデー感想です。書いてみて、書くことが少ないことに気付きました。別記事があるからです。↓からどうぞ

週刊少年サンデー18号 感想

今週のサンデー18号のテーマは、「通常、メインヒロインは黒髪がデフォルトで備わっている」です。リカ、青葉、真弓ちゃん、志乃、六花、清水さん例外もあります。マリアとか、マリアさんとか。ということで少年サンデー感想18号です。| ハヤテ | アルバ | ....

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。