ゆずゆず温泉

これまでちょっと冬眠中でしたが、これからは春眠暁を覚えずで行きます(だめじゃん)。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンデー19号感想(基本ネタバレ)

ブリザードアクセルメイン。
ブリザードアクセルの略称は、サンデー公式的に「ブリアク」のようなので、今後はそれで行きたいと思います。
「ブリセル」はなんかブルセラみたいでヒヤヒヤしてたのでちょうどいいや(笑)。
というわけで、ブリアクは一番最後。
他は掲載順で。
続きからどうぞ。

☆ガッシュ
なにしろしばらく読んでいなかったので、今週でようやく今何をやっているか把握(笑)。
エリーさん、初めて見たけど、いいキャラですね。
笑った顔可愛いすぎ。
男言葉なところも好きです。
「コンビネーション」はガッシュの肝の一つだと思うので、ガッツリ決めてほしいところです。

☆妖逆門
ついにヒロイン登場。
お金にがめつくて勝ち気でちゃっかりしてる、というとどうもワンピースのナミを連想してしまうのですが・・・やはりこの子にもお金を欲しがるなりの理由があるんじゃろうか。
虫が嫌いでいきなり抱きつき攻撃とか、けっこう可愛いところもあるとは思いますが。
ラストのコマで登場の新しい撃符パートナーはなかなかかっこいいと思いました。

☆ワイルドライフ
陵刀先生にスポット。
この人なあ・・・キャラ立ての方向が微妙だよなあ(笑)。
悪くはないんだけど、たまに限度ぎりぎり越えてる気も。
今回のエピソードを通しても、陵刀本人は変わらず、周りの許容度が上がるだけなんでしょうね。
ワイルドライフ、解決編の週は面白いんだけど、そこに至るまでの描き方には微妙な難がある気がしてきた・・・。

☆武心
いきなり入浴シーンー。きゃー。
パンツ通り越して入浴シーンー。きゃーーー。
てなところに度肝を抜かれて、黄金丸君の回想はさっくり流してしまいました。
罪なことしはりますなあ、万乗先生。
流星君はちょっとボケボケさんに過ぎませんでしょうか。
いや、そういう子なんで仕方ないのですけれど。

☆結界師
火黒ですら目をつける強大な力を持ちながら、世界との違和感を感じたことがないという良守。
恵まれたことだと思う、いろんな意味で。
火黒の言葉から「結局一人は嫌ってことか?」と気づける耳や目、大事なものや本当の強さを胸に抱いていられるということ。
・・・可愛いなあ。(え。)
「お前の攻撃で効いてんの、言葉だけだぞ」が全くその通りでちょっと笑ってしまいましたが。
間に飛び込んだ影宮の運命やいかに。
・・・・・・。
ここでまた影宮が悲惨なことになっちゃったりしたら、良守が胸に抱く墓標がまた一つ増えるのかしら。
なんか、彼の生きる姿勢がそういう悲劇を生み出すという側面もあり得るのかしら。
なんか、だとするとちょっとやりきれない感じもいたします。

☆ハヤテ
私服の黒長Tシャツのハヤテちょっと可愛いよ。
金をむしられていく様は(ていうかむしっていくやつらには)ちょっとイライラさせられましたが(笑)。
でも、ハヤテの心にはそれなりにナギお嬢様のことが大きなウェイトを占めてるのかなーと思って、ちょっと安心。
ていうか占めててほしい。

☆ハルノクニ
とうとうハルが消された原因の謎公開。
・・・ここまで引っ張ってきた割りには、という気がしなくもないけれど(笑)。
スゴイ兵器作ってるって、はぁ?
戦争しないハズの国とかいっても、ネエ。
いやなんかもっとどろどろした陰謀とか、世界(少なくとも日本)を滅ぼしてこの学園だけが次代の支配階級として生き残るとかそんな話かと思ってたよ。

・・・と、先に思っちゃう辺りが、私がだいぶ錆び付いてきている証拠なのでしょうね。
作中で描かれている、フツウの人々と同じようにね。

大事なのは。
ハルにはこの事実が許せなかったということ。
そして、告発しようとしたハルを、ただただ自分の信念に基づいて正しいことをしようとしたハルを、黒幕たち(あるいはそのほんの末端)は虫けらのように殺したということ。
そしてハルは、ギリにとって大事な大事な友人だったということ。
だから、戦おうとしているということ。
よく考えると、けっこう絶望的な、ぎりぎりの戦いです。
ほんとに命がけの。
志乃ちゃんコーさん巻き込んじゃっていいの!? ていうくらいの。

・・・よく選んだもんだよな、その道を。
愚かだよー。愚かだと思うよー。何かもっと他に方法なかったのかよー。もう少し大人になるまで待つとかさ。じっくり腰を据えて計画練るとかさ。十年二十年計画で行こうよ、まったくさ。
そんで、年食って家族も出来て、結局何もせずに朽ち果てるって選択もありだったんじゃないの?
て、考えてたら涙出てきた。

きっとこの漫画は、正しくないのです。
頭良くもないのです。
そういうものを求めてはいけないのです。
なんかもう、このうじゃうじゃ感を味わう漫画なのです。
うじゃうじゃ。
正しいとか頭よいとか、そんなことをすっ飛ばして、とにかくもうやらなきゃいけないと思ったことをやっちゃった漫画。
やりたい、ですらなくて、やらなきゃいけない。
強制とか義務ではなくて、やらなきゃいけない。
多分ここでこれをやらないということは、ギリという人間が今まで自分が信じていたギリという存在から乖離していくことに他ならない。
多分、私たちは、日々常に、信じていた私たちという存在から大なり小なり乖離していっているのだけれど、それを踏ん張っちゃった人間がどうなってしまうかというそういう漫画なんでしょう。

電車の中で年寄りに席を譲れと言ったハル。
警官に向かって意見をぶつけたハル。
愚かなほどに踏ん張っちゃった一話のハルの姿がちらりと頭をかすめます。

あー。一人で盛り上がっちゃったら気持ち悪い(笑)。
実際のところは「私も」「オレも」と爽やかに三人国家になったんですけどね。
なんか裏に流れるものがね。

さて、先鋒・警察はどうでるか。
あと、今回やったのはあくまで「CAT」についてであって、学園とのつながりについてはまだなんの説明もない気がします。

☆あいこら
おう、ハチベエのパーツフェチがばれた(笑)。
しかしばれたなりにうまく心の交流が。
お得な漫画だ。てか、特殊な漫画だ(笑)。
自分の武器を自覚した弓雁ちゃんは強えぜえ。
ところで目つきの怖い弓雁ちゃんは、ライヤーソフトの作品に出てきそうな気がします。

☆絶対可憐チルドレン
え。あ。うん。
チルドレンがいなくなった隙にと昼間っから掃除洗濯する皆本さん。
萌えました。
萌えましたよ。
エプロン姿万歳ですよ。
てかあなた、女児のパンツ干してない?
チルドレンの下着はいつも皆本さんが洗ってるのかー。うわーw
新キャラ澪ちゃん可愛いね。
でもガムテープで拘束されてる皆本さんもっと可愛いね(笑)。
でもでも「言ったろ? そうもいかないんだ」っていってる少佐はもっと可愛いかもね。
そのときまでは確実に生きられないんだろうな、この人。
実年齢を考えてもそうだけど、予知とかでわかっちゃってるんだろうな。
うーん、兵部はあんまり好きじゃないというか好きにならない方向でいこうと思ったのに、やっぱり椎名先生のもってき方はうまいのです。

☆アルバトロス
ユウキの胸に「紫」ってあるのを見て「?」と思いましたが、苗字「紫原」だったのね。
リカは緑川なんだよな。他の色も出てくるのかな。
ところで「ユウキ」は「有機」で「リカ」は「理科」から来たんでね? とうちの相方が言ってましたよ。

木梢町って名前だったんだっけ。
昔は栄えた町・・・か。これも何かの伏線なんかな。
なんとなく「木梢」って見るとセフィロトを連想するんだけど・・・元素周期表にセフィロトまで混ぜたら軸がぶれるよねえ(笑)。
いやしかし、天文台に「くずれ病院」って、ナニカ心をくすぐる設定だなあ。
「くずれ病院」って愛称(?)で呼ばれてるのがひどくツボだわ。
髪切ってからのレバイオは可愛いダゾ。

いきなりの襲撃に、ミュウと朝倉二人とも抱えて跳ぶユウキ萌えです。
レバイオにまで一声かけて。
まあ大した子だねえ。
ところでかっこよく出てきた襲撃者は、いかにもエジプトっぽい格好まではともかくとして、素石「臭素」っていうのはやっぱり・・・ブロウミーンってフリガナがあっても、「臭」という漢字に反応して笑えてしまう。日本人の習性かな。
「臭素」ウィキペディアより。
必殺技はあれかしら。ハロゲン氷酢酸しぶき。

「ブロウミィンのモノバイル」って指くわえて言ってる朝倉さんが可愛いのですが、これはあれですか、やっぱりそういう風に戦うような種族ではなかったはずと言いたいのでしょうか。
ラストのコマの二人も気になります。
意外とセリフ言ってるのは、横たわってる髪の長い方の人かも知れません。

☆からくりサーカス
カトウが来ました!
それもあなた、確固たる意志を持って、しろがねを助けに来ましたよ!
神父様には最初悪魔扱いされてしまいましたが(笑)。
目の見えないカトウに、敵の場所を教えるしろがねの息のあったやりとりがいいです。
そんで「どこだァ、しろがねえぇ!!」というカトウに「ナルミ、私はここにいます!」って応えるしろがね。
あー・・・「ナルミ」って呼んだ。
前はどう呼んでたんだっけ。
「カトウ」としか呼んでなかったんだっけ? それとも、「ナルミ」って呼んでたのを、しろがね自身のことがわかってから「カトウ」って呼ぶようになってたんだっけ?
いずれにせよ、今はナルミって呼びましたよ。確かに。
そんで・・・ああ。
ああ。
直球です。
いや、かっこいいです鳴海。
いやいや。いや。
いやあ・・・。
(あ、いやがってるわけじゃないですよ。)
いやー、わっはっはっは。
いいシーンなのにものすごく恥ずかしくて直視出来なかったのはナイショです。
いや、すごいいいシーンなのですが。
・・・と、これを書いてるときにちょうど、ランダムでかけてるBGMが谷山浩子の「DESERT MOON」になりました。
ぴったりといえばぴったりな・・・。
少し甘すぎるかも知れませんが、谷山浩子が「私の歌の中では数少ない、結婚式で歌っても差し障りのない歌」といってるのでよしとしましょう。
(厳密に言うとカバーだけど、詞は訳と言うよりむしろ反対だからなあ。)
歌詞は書けませんが、「DESERT MOON 谷山浩子 砂漠の月の」でぐぐるといくつめかでひっかかりますので、興味のある方は是非。
仲町の人も親子も生きててよかった。よかったよ。
あとはマサルだ。
ああ、いよいよ大詰めなんだなあ、この作品も・・・。
ところでしろがねのストッキングがあちこちぱつぱつ円状に破れてるのがえらいフェチだと思ったのは私だけですか?

☆ブリザードアクセル
エキジビジョン~♪ と歌いながらるんるんページをめくったら、いきなり城島さんアップ。
「あ、辞める気なんだな」とぱっと直感しましたが、次のページのガウェインと霧亜ねーちゃんに目を奪われ、とりあえずエキジビジョンに集中。
和くんとジュリジュリがめっさ楽しそうに滑ってて、可愛いと思いました。
結局この人たちもフィギュアが好きなことには違いないんだよなーと思って。
リフトの二人なんて、ほんと可愛いですよー。

しかし、ぷにぷにの吹雪も可愛いのであった。
うわー、なんか久しぶりだねー。
そんで、「オレたちがやってきたことをそのままやればいいのさ!」って笑顔ー。
可愛いー。
嬉しそうー。
なんか誇らしげー。
かわいー。
あーかわいー。
そんで二人の練習風景を見せるってー。
あー。
うわー。
ひゃー。
・・・・・・。
私がどんなに喜んだことか。
うん、うん。
僕ラブさんの天啓の如きアクシデントのキスも捨てがたかったけど、やっぱり物語的にはこっちでいいのです。
・・・いや、しかし。困ったことに。
なんか捏造なハズの自分で書いた二次創作SSが脳内で確定の事実になってしまいそうですよ。

やー。きゃー。うわー。(うるさいって。)

しかし小雪ちゃん、エキジビジョンでは小道具もOKとはいえ、新体操のリボンは・・・ピピルマピピルマプリリンパとか言いたくなっちゃいますよ。髪もピンクだし。

しかし演技はやはり少なめ。むしろ端折り気味。
今回の話の中心はむしろ、城島とマッケンジーのやりとりで。
今明かされる城島コーチの胸の内。
吹雪は、ほんとに、ほんっとうにいろーんな人の心に影響を与えるのですね。
・・・今、「人の心を変える」と打ったんだけど、消しました。
変える訳ではないんですよね。
その人がもとから胸に持っていて、気づかなかったり燻っていたり、向き合えなかったりするものを、表に引っ張り出す、そういう働き。
いわば西瓜にかける塩。(ぶち壊しな表現。)

語り合うコーチ二人、かっこよかったなあ。
なんか大人の男同士って感じで。
「きっとあなたなら、私以上に彼らを育ててしまうでしょうからね」
「・・・ああ、もちろんじゃ」
ってしびれるよー。
城島さんなんかいい人じゃん。(いきなり気安く。)

吹雪に大丈夫かという陣君がちんまいコマながら可愛いです。
でも「じゃあ、いってくる!」と言って滑り出す吹雪はもっと可愛いです。
そんでマッケンジーに肩車されてる吹雪が・・・あああ。
いやーん、素敵すぎですよ、肩車エキジビジョン。
師弟愛ー。美しき師弟愛ー。
実際、今回の試合は、ていうか今の吹雪はマッケンジーなくしては語れない訳で。
そんな師匠にありがとうって言われて、褒められて、吹雪・全開の笑顔がー。
可愛すぎるううう。
口元が可愛いんですよ、どこか赤ちゃんみたいで。ぷっくりと、ほえっと。きりっとしてるときとのギャップがたまらん。
そんで、最終ページで、目を閉じて肩車してオリンピックを思うマッケンジーが、お父さんみたいでかっこいい。

あ、や、そんなこと言って、あとでマッケンジーの実の息子とかがライバルで出てきたらどうしようと思ってしまいました。
恋人のお腹にいたのを知らずに別れてしまった、とか。
・・・あ、ありえない話じゃないなあ。
マッケンジー30代後半から40代前半でしょ。
吹雪と同年代の子供、余裕でアリですよ。
うわー。

・・・いや、でもまあ、それはまだいいんだ。(いいのか?)
皆さん聞いて下さいませよ、私の胸の中に芽生えてしまった不安の種の件を。
ペアのエキジビジョンのあとの六花のセリフ。
「この試合のことは忘れない・・・一生忘れないわ」
・・・
僕ラブ様が“離ればなれフラグ”って指摘なさる前から、実は私も微妙にそんな気がしてしまったのですよー。
え、え、えーーーー。
学校違うとか?
・・・そういうこともあり得るよねえ。
これまでの六花はむしろ「白帝の跡継ぎ」として育てられていた訳で、お嬢様学校(私立女子校)とか、あり得るよねえ。
多分吹雪たちが通うのは、スポーツやってる人に寛容な学校だったりするだろうし。白帝の息がかかってたりする。
・・・いや、でもそれなら。
「もっとフィギュアに力を入れて練習する為に!」って六花が転校してくればいいんだよ。
もう、今のパパならそれくらい許してくれちゃいそうじゃありませんか。
そんで、吹雪と二人転校生コンビとして名を馳せればいいんだよ。
「白原さんは吹雪くんを追って転校してきた」とかなんとか噂ばんばん立っちゃえばいいんだ。
うん。
それだ。
むしろそれだ。
無問題。

・・・うん、だから。
学校違うくらいならいいんだ。
寮ではいつも一緒なんだし。
たとえ福島からまちかさんが引っ越してきても、若葉寮には入れないだろうから。
・・・・・・たとえば、だなあ。
六花さんがアメリカにスケートの留学、とか言い出すと困る。
非常に困る。
本気で困る。
それも「パパに言われたから」じゃなくて、「自分でそうしようと思った」とかいう理由からだと、もうとっても困る。
困るでしょ実際。

でも六花は言い出しかねない気がものすごくするーーー。
今回吹雪とペアをやって。
さてじゃあ、このままペアと兼業で行くのか、っていうことになったら。
それは六花はちょっと望まない気がする。
だってペアをやることは吹雪にとって負担だもん。
吹雪は本来はシングルがやりたい訳で、ならばペアの練習に時間や労力を割く分、シングルの練習をした方がいいに決まってる。
じゃあ六花は吹雪以外の人とペアをやるか?
そんなんあり得ない。
六花だってもともとはシングルやってきた訳で。
吹雪とならともかく、それ以外の人と組んでまでペアやる意味なんてないし。
で、シングルやるとなると。
日本の白帝の若葉寮にいると、どうしても甘えが出ちゃうから、とか言い出しそう。
特に吹雪に甘えちゃうとか言い出しそう。
そこで留学の話とかでたら飛びついちゃいそう。
・・・てか実は前々からそういう話があったりして。
「私、決めたの。自分の力を試すって。吹雪に恥ずかしくない自分になる為に」

・・・いや、さすがに中学1年生でそこまで気張ることはないだろう。
まず生活基盤を固める時期だよ。
うん、中1ではね、さすがにね。
・・・3年くらい経ったらわからないなあ・・・このお嬢さんは。割と思いこんだら猫まっしぐらな人だから。
(と、こういうこと書いてる時に実にタイミング良くTWO-MIXの「INTO THE WIND」とかかかるんだよなあ・・・。)
いや、いや、いや・・・。

いや、まあ留学でもいいや。
六花と吹雪が元気でいてくれさえしたら。
と、ここまで譲歩してしまいました(笑)。
杞憂ですけどね、どこをどう押しても。
でも来週六花と吹雪が一緒に登校するシーンを見るまでは、この杞憂は続きそうです。

うう、もし六花と吹雪が離ればなれになんかなっちゃったりしたら・・・なっちゃったりしたら・・・。

吹雪と六花の18禁同人誌作ってやる。(こらこら。)

あ、ところで、4月の10日、11日あたりの来訪者数が異様に多くて、いつもの1.5倍くらいあって、何があったんだとアクセス解析みましたら。
僕ラブ様のおかげでした。
キ・ジョウ・イとかいうからー(笑)。描いた人間としてはむしろタイメンザイかと(笑)
嘘です、嘘ですよ皆さん。
ゆずゆず温泉は年齢制限無しの健全なブログですよー(笑)。
やるときは別個に裏を作りますので。
いや、実は作りたいんですけど、能力と時間がないという。


人気ブログランキングへ
ブログランキング参加中です。
「裏作れ!」って方は押してやって下さい(笑)。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

週刊少年サンデー19号 感想

今週のサンデー19号のテーマは・・・「」です。-->大 幅 縮 小 版 !ということで少年サンデー感想19号です。ハヤテ ・アルバ ・クロス・武心 ・ブリセル ・絶チル ・コナンWILD ・見上 ・あお高 ・あいこら ・兄 ・MAJOR ・ハル ・妖■...

右サイドメニュー

左サイドメニュー

いらっしゃいませ

プロフィール

百賀ゆずは

Author:百賀ゆずは
昭和生まれ おうし座A型。
好きな食べ物は最後までとっとくタイプ。
別に好きじゃないけど長期休みの宿題は最終日までとっとくタイプ。

最近の記事

今月の青空文庫ランキング!

ブログランキング



人気ブログランキングへ
よろしくお願いします

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。